【のぼり旗に命をかける】福岡市エンドライン社長山本啓一ブログ

2007年M-1

まず押そうよ。押せばわかるさ。耳を澄ましてごらん?……ハイっ☆ポチッ!そらっ★ポチッ!祭りだ!ポチッ!←特攻野郎Aチームに一押し!←まもなくお正月に一押しっ!


昨日2007年M-1グランプリが終わった。
優勝はダークホースの「サンドウィッチマン」
今回は笑えたと言うよりも、感動したと言うのが本音です。
そして勉強にも(人生のですよ)なったし、救われた。
最後の3組に残ったのは、キングコング・トータルテンボス・サンドウィッチマン。
落ちてしまったザブングルや千鳥はつまらなかった。
それは難しく難しくしているから。
なんか複雑にしてシュールに笑わそうとしている。
上記3組は「シンプル」
キングコングは「はねとび」の時と違い、非常にベタな(もう20年前くらいの)スピード漫才を披露。
トータルテンボスもベタだがネタ作りが上手く、引き込みがうまい。
サンドはベタ+キャラクター。+発想がよかった。
「ベタ」がキーワード。言い換えると「基本」。
なるほど、と。
基本が何でも大事だし、基本に勝るものはないんだなあと思った。お笑いからも勉強。
「エンタの神様」に出ている人達は、一度考えて欲しいな。
最後に今回、リスクが大きいにも関わらずM-1出場した「キングコング」に拍手を送りたい。
(なぜリスクが大きいかは考えてください。ふつうは出ません)
梶原・西野の男気を感じた。ありがとう!
上で押し忘れた方とにかく押して!ハイっ!押して!それっ☆ポチッ!本当に押したかい?
←呉越同舟な感じでまず一押し!←スライムベスでもう一押しっ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 2007年M-1
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト