【のぼり旗に命をかける】福岡市エンドライン社長山本啓一ブログ

気になるニュース

気になるニュース。
 柔道の部活動中、生徒に脳挫傷などのけがを負わせたとして、神奈川県警捜査1課と青葉署は2日、横浜市立奈良中学校教諭で柔道部顧問の男(28)を傷害容疑で横浜地検に書類送検した。
 教諭は「態度が悪かったので矯正しようと思った」と供述している。
 調べによると、教諭は2004年12月24日午後3時50分ごろ、横浜市青葉区すみよし台の同中学校格技場で、柔道部員の中学3年生の男子生徒に大外刈りや背負い投げなどの技を連続でかけた後、絞め技で意識を失わせたうえ、休憩を与えずに再度投げ技をかけ、急性硬膜下血腫(けっしゅ)や脳挫傷などの傷害を負わせた疑い。
 県警は、意識がもうろうとして受け身もとれない生徒に執拗(しつよう)に技をかけた行為は、指導の限度を超えていると判断した
これは行きすぎだけど、これに近いものは学生時代あったよねー。
こんな記事見たら、最近の「バカ親」たちは黙っていないだろうけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 気になるニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト