【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

俺は「死刑賛成」論者である。

唐突なお題ですが、そういう事。
もうこの一言で終わりそうだけど、こんな事思い始めたのが「光市の本村さん事件」から。
簡単に死刑だけでは済まされないけど、ご本人はの戦い模様はつくづく凄いと思う。
だいたい、人を殺しておいて(弁護団は違うと言ってるが)、変な理由付けをして、言い訳をして逃れようとか甘すぎる。
一般社会じゃありえないでしょ。
昔でいえば、「仇討」を復活させて欲しいくらい。
この事件を通しての「弁護団」には?マークが頭を過る。
「そもそも弁護士の職業理念は何?」とさえ思ってしまう。「明らかな社会正義に反した黒」を「白」にするのが彼らの役目なのか?
本気で戦っている弁護士も沢山いると思うが、今回の事件で「法治国家」の限界さえ見えてきた気がする。
今回のような事件は「本来の生命の尊さ」や「人間の生きる意味」など原理原則で思考していけば、ありえない弁護じゃないのだろうか?
僕は「死刑」と言うことに関して今回は大賛成である。いや、死刑でさえ償えない罪もある。この事件は1家族の尊い命と夢を奪った残忍な凶悪事件である。
万が一これが極刑にならなければ、法治国家として、この日本をだれも信用しなくなるであろう。
今一度「生命の尊さ」を教える時期にきたのではないかと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 俺は「死刑賛成」論者である。
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

俺は「死刑賛成」論者である。」への1件のフィードバック

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト