【のぼり旗に命をかける】福岡市エンドライン社長山本啓一ブログ

タレントや芸人って…

今日は凄い為になる事書きます
昔は芸人で売れたいな!と思ったことがある。
もちろん思ったから、2年ではあるが芸人のはしくれをしていた。
当時は5分のラジオでも何でも(FMだろうがAMだろうが)したいと思った。
週1回地方の30分ラジオ番組でも出たかった。
しかし全く駄目だった!未練がないくらいにダメ。
さて、今は会社の経営者として考えると、事務所と芸人のパワーバランスが分かる。
事務所は絶対損しない方法を取っている。
芸人は千に一つ、いや、万に一つくらいの確率で争っている。
非常に不平等条約だ。
地方でもラジオのレギュラーもらうのは大変だろう。
しかし、つい最近福岡の小さいFMを調べたら、週1回30分番組のスポンサーで月20万って書いてあった。
ふ~ん。20万か。
今のエンドラインでは厳しいが、無理ではない。
これ、どういうことか分かります?
僕が番組作ろうと思ったら出れるということす!これ本当に。
(もちろん僕はひっそりと生きたいので出ませんが)
芸人として借金抱えて、厳しい生活して、売れるかどうかのいばらの道を進むより、違う道から登れば簡単に実現することもある。
言いたいこと二つ。
一つ、夢をかなえるのは一見その道しかなさそうに見えるが、イガイと遠回りが近道になるかも。
もう一つ、商売は常に上流でしないといけない。誰かの支配下はリスクばかり背負わされるよ。
芸人と事務所の関係も同じ。
M-1取って売れて一番喜んでるの事務所だからね。取れば芸人はリスクも高まる。その構図が見えてれば進みべき道もわかる。
正直+賢く(いい意味で)生きないと損します。
※いつしか、大きくなり余裕できたら、タレントマネージメントも面白そうね。常設劇場作って。

吉本興業、カネの成る木の作り方 エディトリアル 吉本興業、カネの成る木の作り方 エディトリアル
(2007/01/30)
大下 英治

商品詳細を見る

衆議院選挙戦近し!選挙グッズはこちらから


←クリックお願い
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ←最後にこれも

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - タレントや芸人って…
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

タレントや芸人って…」への3件のフィードバック

  1. エンドライン山本

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ピークをいきなり迎えてしまうからです。実際取ってない「タカトシ」や「千原兄弟」などの方が息が長いんじゃいないかと思います!
    1年間はブームに沸くけど翌年はまた王者が出るわけだし。それよりも事務所のノーリスクでスターを製造できる仕組みは恐ろしいです…。

    返信
  2. ストラテジアまえけん

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    なるほどー。
    実力を伴ってないことが多いから実質その先の賞味期間が1年間になってしまうわけですか。
    うわーいやだなーパッと出のあの人は今ごろどうしているのとか言われたら。
    黄色い、ゲッツの人とか、元気かな。

    返信

ストラテジアまえけん にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト