【のぼり旗に命をかける】福岡市エンドライン社長山本啓一ブログ

努力は波紋

「僕は努力してるのに、なかなか回りが認めてくれないんです」
「で、どのくらいしてるの?」
「半年です」
「…」
「アホ!」


僕は「努力は波紋」だと思っています。
池に石を投げますよね?
そうすると「ポチャ」と落ちた後に、波紋が出来ます。
その波紋はゆっくりゆっくり外に向かって波を作って行きます。
「努力」も同じです。
「石」という「努力」を自分の池に落としましょう!
「池」は自分の人生であり、フィールドです。
最初は石を落とした地点にしか波が立たないです。
所謂近場の人しか認めません。
「親」「兄弟」です。
ここまで約1年。
その後、その波紋は少し遠い距離に影響を及ぼします。
「友達」や「恋人」です。
3年程度でこの辺りでしょうか?
ここで、自分と世間のズレが生じてきます。
「会社は俺を評価しない」
「上司や顧客は俺の努力を理解しない」と。
当たり前です。
波がそこまで届いてないのですから。
ほとんどの人はここで諦めます。
次にようやく「上司」や「会社」の人が認めてくれます。
4年以降でしょうか。
そして「顧客」「顧客の回り」「世間」…と少しづつです。
だから早く!強く!届くように「大きな石」(圧倒的な努力)を池に落としましょう!
最近の学生さんは3年以内に仕事を辞めてしまいます。
僕の回りでも「頑張っているんですけんどね」という人がいるが、頑張っている期間が1年とか短期間なわけです。
先程も言った通りその期間で認めてくれるの「親」「友達」くらいでしょう。
昔から3年働けというのは「会社が認めてくれるのは3年以降」という暗黙知があると思ってます。
ですので僕はこの話を絶対20代に人に聞かせたいな。と思ってます。
「努力は波紋」です。
雑音を消し、諦めずに日々継続で頑張りましょう。
株式会社ステップアップ 代表 古賀様 エンドラインに対してのお喜びの声です


にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ←クリックしてください!ランキングが上るんですっjumee☆up1

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 努力は波紋
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト