【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

なんかいいぞ。この本。

ここ2~3日読んでいる本。

チャンス―成功者がくれた運命の鍵 チャンス―成功者がくれた運命の鍵
犬飼 ターボ (2005/07)
飛鳥新社

この商品の詳細を見る

この本まだ途中だけどいい文がある。
「すべての出来事は自分が引き寄せているんだ。自分を成長させるためにね。君が生まれてきた理由も、私が生まれてきた理由も本質的には同じだ。それは私たちが「本当の自分に気づき、より良い自分を創造する為に」生まれてきたんだ。この世界は私たちが本当の自分を示す舞台みたいなものだ。~」
「君も体験、学習、成長のサイクルを繰り返すうちに「環境は考えから生まれるものである。」ということがはっきり分かるだろう。心のあり方と出来事は完全に連動している。だから今ある現実は自分が作り出した結果なのだと分かる人は、人生が良いほう、楽しいほうに向かっていく。逆に環境が自分を作っているのだからどうしようもないと考える人はずっと今のままだ。「むかつかせる奴らがいっぱいいるから俺はむかつくんだ」と思っている限り、ずっとそのような人たちが現れて、不快な思いをすることになる。「今の会社の給料が安いんだから俺は適当に働いている」と思っている限り、給料は安いままだ。
 自分が原因であり、現実が結果だ。自分の心が環境に反映されるんだ。だから心のあり方に注意して、心の中に怠惰、嫉妬、卑屈、責任転嫁、恐れ、貪欲さなどを見つけたら改善していくことだ。人格を高めることによって、結果として環境は良いものに変わっていく。逆に、自分を環境の産物だと思い込んでいる限りは、その環境によって打ちのめされる。」
……なかなか含蓄ありますな。確かに回りのせいにする人が多く(自分もあるが)それ自体、自分自身が引き寄せたものなんでしょうね。
よく変な異性にばかり捕まる人なんかは、自分が引き寄せているんでしょう。だいたいそういう人ってずーっと同じ目にあいますもんね。
自分を高め磨く以外にそのスパイラルから脱却は難しいでしょう…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - なんかいいぞ。この本。
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

main

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト

エンドライン不動産専門サイト

エンドライン看板集客専門サイト