【のぼり旗に命をかける】福岡市エンドライン社長山本啓一ブログ

守破離

守破離。
守破離とは、物事を習得する上での段階を三つに分けた言葉です。
「守」とは、
師匠の教えを正確かつ忠実に守り、剣道における基本の作法、礼法、
技法を身に付ける、いわば「学び」の段階をいいます。
「破」とは、
それまで身に付けた技や形をさらに洗練させ、自己の個性を創造する段階をいい、
「離」とは、
さらに前進させ、自らの新しい独自の道を確立させる最終段階のことをいいます。
自己を常に発展させるべく修行、精進を重ねていく終わりのない道です。
 
以って第一段階の「守」をいかに綺麗に身に付けるかで、その後の全てが決まる
のだと思います。初めに良き師匠に巡り合えることも、また重要なこと。
 
もともと「守破離」という言葉は、不白流茶道開祖の川上不白(江戸時代中期・
後期の茶匠)が記した『不白筆記』(一七九四年)に見られ、茶道の修行段階を
教えたものであったのが、転じて日本の諸武芸に於いても修行の段階を
説明する言葉として使われたと称されています。
社会人なりたての人や、今何かを始めた人。
焦らぬように、基本を身に付けることが大事。
いきなり「破」を求めるでない。


←クリックお願い!←こちらもクリック!にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ←最後にこれも。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 守破離
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト