【のぼり旗に命をかける】福岡市エンドライン社長山本啓一ブログ

手抜きからの脱却

Twitterでは暴露してるが、僕は創業して「本気」で仕事をした事が2年弱しかない。
それは「対顧客」にではなく、「対自分」と言う意味で。
離陸があまりにスムーズに行ったので、「やりゃ出来るな」程度にしか考えてなかった。
なので、残りの3年は言葉は悪いが「惰性」です。
「惰性」の間は「惰性」に気づかないもんですが、先週ようやく気づきました。
天を仰ぐ気持ちで「ああ、俺は何をやってたんだ。」と。
という事で、本気で再度やってみる事にします。
これは覚悟を決めた「不退転の決意」です。
社員は頑張って付いてきてね。
ライジング福岡代表 山本華世さん エンドラインに対して喜びの声です。


にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ←クリックしてください!ランキングが上るんですっjumee☆up1

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 手抜きからの脱却
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト