【のぼり旗に命をかける】福岡市エンドライン社長山本啓一ブログ

ブランディングは最高の営業マン

ブランディングって何だろう?
福岡№1ロゴデザイナーであるデザイングレイス根本氏のブログにはこう書いてある。
デザイナーという職業がらブランディングなんてカッコつけて使っている
感じがする。 本来その人のキャラに合った最適のデザインや世界観を作って
いく事が私の仕事である。 面白い世界観 自然な世界観 情熱的な世界観
清潔な世界観 機械的な世界観 アナログな世界観  などなど
言い出せばきりがないほどその人のキャラの世界が存在する。
そこをどれだけ鋭く強調していくかが、重要なポイントである。
キャラ設定を間違えると見苦しいブランディングとなってしまう!

やはり他者評価というものが、何よりも大切である。
自分が求めている姿が他人にはどう映るのか?
普通はそんな事 気づいても誰も言ってくれません。
なるほど…。
大手企業は別として、中小企業はブランディングなんて考えてもいないだろう。
僕もあまり考えていなかったが、今は強烈に意識する。
僕自身のブランディングなんて分かりやすいものである。(お笑い)
そして、ブランディングをしていけば、営業・マーケティング・採用全てが有利に運ぶことが分かった。
そもそも、物を買う時に(法人でもOK)その商品で悩みを解決できるから買うのだが、この物が豊富に溢れた時代に「オンリーワン」商品なんて滅多にない。(オンリーワンという言葉自体、自己の殻にこもった感じで吐き気がするが)
僕の経験でいえば、過去に数度こういう事がある。
同じような商品なら、そこの社長が魅力的!とか社員にまで理念が浸透している!とか会社の色が分かる!ということで購入したことがたくさんある。
これは、僕だけではないはず。
もっと言うと、少しブランドが出てきたら(ブランド構築中)、社長さんはどんな場にでも姿を見せちゃだめだ。(逆に突き抜けた人は構わない)
例えば、「若手しかいない飲み会にいつも出席」「どの飲み会でも顔を出す」など。
人脈を広げるのはいい事だが、ブランディングは希少価値により高まる。
「あの社長に会いたいから、あそこの商品を買う」
「あの社長は滅多に講演しないから、高額でも行く」
ブランディングというのは物を販売する際、とても有効である。
どんなことでもいい。
自分自身のブランドを持つこと。
会社や自己のステージを客観的に見て、自分を演出しよう。


告知
「私たち、エンドラインとプロレス観に行きませんか?」
九州にもプロレスがあるんです!
その名も「九州プロレス」です。
12月6日(日)にプロレス一緒に観に行きましょう!
初心者大歓迎です!
それでは告知!
━━━━━━━━━━━━━━━筋肉せいもん払い━━━━━━━━━━━━━━━━
http://www.kyushu-pro-wrestling.com/
【試合日時】: 平成21年 12月6日(日)15:00~(14時開場)
【場所】:西鉄ホール(福岡市中央区天神)
【チケット代】:4,000円
みんなで、熱くなりましょう!
試合後、有志で懇親会もしたいですね!
老若男女関係なしっ!です。
【お問い合わせ・お申し込みは】
『メールの場合』
下記のアドレスに会社名・お名前をご記入後、送信してください。
info@endline.co.jp
九州プロレス観戦ツアー事務局:山本宛て
折り返し山本よりご連絡させていただきます。
『電話の場合』
TEL:0120-505-953にかけていただいて「九州プロレス観戦の件ですが…」と言っていただければすぐに担当にお繋ぎいたします。
このブログにコメントでもOKです!


福岡の講演会はFukuoka成長塾で決まり!

僕のTwitterはこちらから

にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ←クリックしてください!ランキングが上るんですっjumee☆up1

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ブランディングは最高の営業マン
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト