【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

同じレベルで思考しない

書籍取次の太洋社が中小企業のインターネットサービスを代行する。
その名も「ブックラック」
簡単に言うと、接続し最寄りの書店のパスと自分の名前、メアドを登録する。欲しい本を注文すると太洋社から書店へ本が届、最寄りの書店で購入できるという仕組みだ。
しかし、ネットで支払できない。
これって、便利??
僕は流行らないと思う。
なぜなら、理由は簡単。
Amazonの方が2000万倍いいからだ。
書店が唯一Amazonに勝てるところ。
それは、背表紙を見ながら、本に出会える!という所だ。
Amazonでは「おススメ」はされるが、意外に新しいジャンルとの出会いは少ない。
ならば、その良さを活かす「仕組み」を考えるべきでないのか?
リアルに店舗を構えて商売をするならば、「人」や「出会い」「温もり」などがテーマになりそうだが。
強敵と同じレベルで思考しない事。
戦おうとしない事。
セグメント変えて戦わないと!
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ←クリックしてください!ランキングが上るんですっjumee☆up1

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 同じレベルで思考しない
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト