【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

営業について3「アクション数力」

営業についての続き。

営業力とは「リサーチ力」「記憶力」「アクション数力」「コミュニケーション力」「VISION力」の5つにわかれるとお話ししました。

今回は「アクション数力」です。

これは、カンタン!

どれだけ、営業電話をかけるか?多く訪問するか?です。

営業は質だ!とか、提案する為に母数を減らす!という輩がいますが、全くのナンセンス。

だいたいこういう事いう営業マンは売れてません。

ちなみに「商品力がない」と嘆く営業マンも売れませんね。

話を戻しますが、営業数をこなさないと、質が上がるわけがないです。

数が多いと、お客さんとの面談数が増えるので、会話力がついてきます。

会話力が付くと、ヒアリングが上手くなり、受注率が上がります。

そうなると「質」が上がってくるのです。

あと、営業は「数値」のゲームだと思います。

つまり、訪問→案件化→受注→リピートの率はおおよそ決まっています。

弊社で言えば「訪問」100件→「案件化」20件→「受注」12件→「リピート」3件となります。

ですので、訪問数が多い営業マンが必然的に受注が増えます

これを「プロセスマネジメント」と言います。

これを提唱していますのがソフトブレーンという会社で、11月20日に福岡で野部社長と私、山本でセミナーをします!

決まりましたら、ブログで告知しますので是非ご来場くださいませ!

ですので、営業は「アクション数」が大事です!


野部社長



わが社の主力事業「のぼり・看板」はこちら



福岡の経営者・起業家のセミナーはこちら



福岡の経営者・起業家のDVD詳細はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 営業について3「アクション数力」
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト