【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

社員共(教)育

大企業と中小企業の違い。

それは何でしょうか?

一番は社長のレベルの違いでしょうね。

器の違い。

間違いない。

あとは、社員のレベルの違い。

これも間違いないです。

但し、これは「素質」ではなく「教育環境」の違いだと思います。

大企業は研修・教育環境が整っています。

中小企業は社員教育すらしていない所が多々あります。

社員教育というのはとても重要だと思います。

なぜなら、その働いている人たちに教育を施さないと、本人たちはずっと低レベルのままで一生を終えてしまいます。

そうなると、転職もできず、働く楽しみも得れずつまらない人生になってしまいます。

この世に生まれてきて、教育環境が悪く、人生棒に振る人がいかに多い事か。

最近強く思う事は「人の教育は企業の義務」と言う事です。

中小企業は大企業ほど賃金UPは出来ません。

働いてくれる人たちへの報酬は、お金だけでなく「成長できる自信の提供」じゃないでしょうか?
(あとは夢!)

「成長出来るというゆるぎない自信」は、一生持てる資産です。

ですので、私も含め中小企業経営者は、自社の社員に出来る限りの教育環境を提供すべきと思います。

社長が飲みに行くのもいいですが、その3割程度を教育費に当てた方がいいと思います。

社員さんが伸びれば会社が伸びます。

会社が伸びれば全員の給与も増えPRIDEがもてます。

そして、社長はそれ以上伸びていかないといけないわけです。

つまり、社長と社員、共に育成ということで「社員共育」と思っています。(社長と社員が共に育つ)

ご興味あれば下記が弊社WEBサイトです!↓


わが社の主力事業「のぼり・看板」はこちら


不動産事例のぼり・幕・看板はこちら



福岡の経営者・起業家のDVD詳細はこちら

不動産会社様向けメルマガはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 社員共(教)育
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト