【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

結局何のための会社か? ディスクローズ

会社って誰の為に存在しているのか?と問われたら「ステークスホルダーの為です」と答えます。

つまり会社を取り巻く利害関係者ですね。

エンドラインでは第一のステークスホルダーとして「全社員を大事に」と掲げています。

しかし、全く持って出来ていません。

出来ている部分はどこかな?と考えると、、、、

敢えて言うならディスクロージャーはいいかと。
※ディスクロージャー(Disclosure)とは情報公開の事

基本、決算・借入金・試算表等一切隠していません。

PL(損益書)の見方もある程度教えています。

会社は誰のもの?という問いに反しないようにいつでも開示しているつもりです。

ただし、各々の給与等は伏せています。

社長は「売り上げ上げろ!」というけど、なぜ上げないといけないのか?を
理解していないから社員さんはやる気がなくなりますね。

私は損益分岐点を話していますので、社員さんもなぜその数値を上げないといけないのか?を
少しは理解していると思います。

明日は数値ではない、なぜ売り上げを上げるのか?を書いてみますね~

わが社の主力事業「のぼり・看板」はこちら


不動産事例のぼり・幕・看板はこちら

メルマガ購読・解除

不動産会社様向けメルマガはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 結局何のための会社か? ディスクローズ
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

main

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト

エンドライン不動産専門サイト

エンドライン看板集客専門サイト