【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

5つの質問に答えられない。

先日、会議にて私がぶれている事が判明。

これはいかん!と思いさっそくドラッガーの本を読みふける。。。

こういう時は「5つの質問」を読むべきだ!と思いさっそく読んでみる。

この5つの質問に答えることが出来れば、経営は上手くいくという。。

で、その質問は、、、、、

第1の質問 われわれのミッションは何か

第2の質問 われわれの顧客は誰か

第3の質問 顧客の価値は何か

第4の質問 われわれの成果は何か

第5の質問 われわれの計画は何か

んんん、答えれそうで答えれない。

これは本気で難しいです。

第1の質問
われわれのミッションは何か
(何で社会のお役に立つのか=社会性=理念・VISION・MISSION)
→わが社が何を実現しようとしていることは何か
→わが社が社会で貢献したいと考え、貢献でき、貢献すること

第2の質問
われわれの顧客は誰か
(うちの会社が喜んでもらいたい方はどのような人なのか=ターゲット・地域)
→わが社が対象とするお客様はどのような人か
→わが社の事業はどんな人に向けられたものなのか

第3の質問
顧客の価値は何か
(お客様が望んでいるものを明らかにする=独自性=顧客ニーズ・ウォンツ)
→そのお客様が満たしたいものは何か
→わが社の事業の対象となる方が望んでいること

第4の質問
組織の成果はつねに外部に存在する。企業の成果は顧客の満足であり、病院のそれは患者の治癒であり、学校のそれは生徒が何かを学び10年後にそれを使うことである。組織の内部にはコストが発生するにすぎない。
われわれの成果は何か
(成果は「お客様に起こる良い変化」です。飲食店であれば、お客さまがおいしかったーと言って帰ってくれること=価値と対価がマッチしているか?)

第5の質問
われわれの計画は何か
(いつまでに、誰が、何を、どのように=戦術~実行)
→どのように進めていくのか
→何のために、どうすればいいかがわかるもの

これは難しいね~。

年末まで社内でこの議論を徹底的にしたいと思います!

【告知】

10月1日火曜日 東京日本橋にて開催~営業改革、成功する企業と失敗する企業の違いとは~にてお話しさせていただきます。200名限定!

http://eigyo-talk.jp/lp/seminer_tokyo/131001.html

わが社の主力事業「のぼり・看板」はこちら


不動産事例のぼり・幕・看板はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 5つの質問に答えられない。
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト