【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

夢のある事業

9年ほど経営をやってきて思ったこと。

夢のない事業はつまらない。

本当につまらない。

自分は何のために事業をやっているのか?

飯を食うためなら「積み上げ式の計画」で構わないが
大きな夢があるなら「目的から逆算した計画」を作るべきだと思う。

私は夢のある壮大な事業をしたいと思う。

「制約条件」にはまった考えは魅力的じゃないです。

「このくらいの戦力だからこうする」ではなく「こうするためにこのような人たち・お金を集める」方が
面白いですよね。

リスクがどうとか、つぶれたらそうとか、そんな事考えていたら起業するなっつーの!

一人でも二人でも信じてくれる人がいる限り、夢を追い続け、実現していきたい。

【告知】

10月1日火曜日 東京日本橋にて開催~営業改革、成功する企業と失敗する企業の違いとは~にてお話しさせていただきます。200名限定!

http://eigyo-talk.jp/lp/seminer_tokyo/131001.html

わが社の主力事業「のぼり・看板」はこちら


不動産事例のぼり・幕・看板はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 夢のある事業
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト