【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

土俵の真ん中で勝負する

数年前の大失態により一時期お金の面でとても苦労しました。

まあ今も苦労してますが、1年半前は毎月月末に残高がほんとに「ない」という(笑)

この1年半はリスクがないように「堅実に堅実」を重ね、石橋を叩いても渡らない経営をしてきました。

今年の秋で財務的な部分の潮目も変わり、1年前よりだいぶ楽になってます。

こういう経験をして気づいたことは。。

「借金が出来たら頑張る」などという戯言は、苦しんだことがない人の言葉だという事に気づきました。

ビジネスだけでなく全ての勝負事は、追いつめられてから「なんとかなる」ものではありません。

200%間違いなく「土俵の真ん中で勝負」が出来る状況に常にいるべきだと思います。

余裕がない状況での判断はとても危ないと思います。

一発逆転などありません。

ビジョナリーカンパニー3~衰退の5段階では「一発逆転策の追及」について記載してあります。
http://amzn.to/1izJP2W

しつこいですが、、よく言う奇跡の逆転劇は絶対に起こりえません!!

いつの時も「土俵の真ん中で勝負できる」状況を作っておくことが大事ですね。

私は、土俵の真ん中までは行きませんが、寄り切られる感じもありません。

これから確実に売り上げを上げて「土俵の真ん中」まで突き進みたいと思います。

わが社の主力事業「のぼり・看板」はこちら


不動産事例のぼり・幕・看板はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 土俵の真ん中で勝負する
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト