【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

会社の再建

先日、ビジスタという講演会で、株式会社ドリコムの内藤社長の話を聴きました。

27歳で東証マザーズに上場して、富と名声を掴んだのですが、そこから人生が急転直下。

赤字、難病と次々と苦難が襲い掛かります。

一時期、会社が倒産しかけますが、今では成長軌道に乗っています。

そのセミナーで学んだこと。ささっと、要約しますね。

再建の方法

1、不慣れなことはやらない

自社の強み・弱みを客観的にみる

今まで何で勝てたのか?

自社を過大評価しない。そのことで強みをはき違えてマーケット参入してしまう

自分たちの勝ちパターンにはめ込む

2、経営者がPL・BSに強くなる

費用の変化を肌で感じる

自社のPL・BSのキャパを知る

コストカットできる項目と金額を知っておく

※長期契約・安・カットできない⇔単月契約・高・カットできる

3、人に投資する

良い人材には相応の給与を払う

社内の空気に敏感になる(社員とランチする)

みんなが思うことは案外正しい

立て直しから次に向けて行ったこと

1、社内への経営情報のディスクローズ

2、事業ドメイン外の子会社の譲渡

3、自社の強みを活かした次の事業への投資

4、選択と集中

5、社員の待遇改善

6、LTV>CPAモデル

7、広告宣伝費の投下(人件費増の代わりに広告)

上手くいった失敗

1、正社員以外の事業拡大

2、人件費は増やさず広告宣伝費を増やす(カットできる費用)

3、撤退のマイルストーンを作る

社長の仕事

1. ゴールを決める

2. 仕組化

3. 良い人材の採用と教育

私もそうですが、全て失敗から学びます。

「やるのは失敗 やらないのは大失敗」

わが社の主力事業「のぼり・看板」はこちら


不動産事例のぼり・幕・看板はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 会社の再建
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト