【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

ナンバーワンにならなくてもいい もともと特別なオンリーワン…!!なんて生ぬるい

偶然ですが。。。

2月8日のFukuok成長塾株式会社ユーグレナ出雲充社長の話で「winner-takes-all」という文言が出てきました。

意味は勝者がすべてを得る[入手する]、権利独占、勝者独り占めの◆一人の勝者が賭け金のすべてを取る条件で、勝者がその後の権利(生産、販売)を得ること。という事です。

ビジネスで何かで一位を取らなければいけません。

どこかのアホ議員が言っていた「2位じゃダメなんですか?」はビジネスを知らない人の発言です。

社会は1位総取り社会です。

社内でも同じ。

営業でも企画でもその会社で1位を取らなければいけません。

昨日、ビッグフィールドマネージメントの大野塾長の「沸騰塾」でも同じ話を頂きました。

ナンバーワンにならなくてもいい もともと特別なオンリーワン…!!という歌がありますが、それは歌の世界での話。

ビジネスは
winner-takes-all

わが社の主力事業「のぼり・看板」はこちら


不動産事例のぼり・幕・看板はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ナンバーワンにならなくてもいい もともと特別なオンリーワン…!!なんて生ぬるい
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト