【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

中小企業が社員教育をしない理由

[中小企業が社員教育をしない理由]

これは由々しき問題です。

私の知っている中小零細企業は社員教育に熱心な方が多いです。

社長自ら学び、社員も学ぶ。

結果、会社の業績が上向いています。

逆に社員教育をしない中小企業も多数あります。

社員教育されてないない社員さんって、とてもかわいそうだと思います。

持っている力を伸ばしてあげないのは「個人のキャリア」の為にも損失だし
「社会にとっても損失」だと思います。

なぜそういう問題が起きるのでしょうか?

一言で言うと
「社長がしょぼい」からです(笑)

これは事実で、しょぼいから社員さんに実力つけられたら困るのです。

特に「財務関係」の知識はつけられたくないでしょう。

自分が社員さんと知識の差があればずっと威張っておけます。

社長との社員さんの実力の差が縮まれば、社員さんからの意見も変わり、社長は厳しく突き上げられますね。

お金がない!とか時間がない!ではなく社長の器がないのだと思います。

私は器があるかどうか分かりませんが、社員さん自身の人生の為に
いろんなこと教えたいと思います。

それを学ぶか?学ばないか?はその人自身の問題ですので
私はやるべき事をしっかりやって、キラキラ輝く人財集団になればいいな。と
いつも思っています。

ですので、知っている事は全て教えますし、一緒にセミナーも行きます。

お互いWinWinの関係が一番ですね!(^^)!

わが社の主力事業「のぼり・看板」はこちら


不動産事例のぼり・幕・看板はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 中小企業が社員教育をしない理由
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト