【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

邂逅

邂逅とは、「思いがけなく出あうこと。偶然の出あい。めぐりあい」と言う意味です。

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、私は24歳から2年ほど福岡吉本7期生で漫才をしていました。

 

主に月2回舞台に出ていました。

 

ややウケの時もあれば、全くウケない時もあり・・・。ウケるときは??少なかったかな(笑)

 

吉本に入り1年ほど経つと、センスのなさが大体わかってきて・・。

 

ただ、とても充実した?生活でしたのでなかなか辞めづらくもありました。

 

辞めようと思ったのは26歳の頃。

 

辞めると伝えて、最後は逃げるように、消えるように去りました。

 

それからず~っと心にその時代や芸人さんへの「苦手意識」を負っていました。

 

なので辞めてからは単純にお笑い番組を熱中して観ることも少なく、どちらかと言うと(今でも)普通に笑えない状態でした。

 

 

福岡であるイベントに同期が出ていても挨拶もせずただ客席から観ているだけでした。

 

 

 

 

そんなある日…

 

 

元吉本の構成作家で最近も親交がある住吉くんから一本の電話がありました。

 

 

 

「めんたいぴりり行ったか?行ってないんか?華丸さんもそうやけど、同期もたくさん出てるで。挨拶いかへんのか?仲間が戦っとるで」

 

 

…う~ん

 

それを聞いて、会いたい気持ちはありましたが、辞めてから15年以上。

 

 

先ほども言った通り、どこかに「苦手意識」があったので、正直行くことに迷いあがりましたが。

 

 

会いたい気持ちはあるのと、ここで逃げてしまっては墓場まで負債を持って行ってしまう!と思い行くことにしました。

 

 

142129993754b750e158db0_main

まずは、めんたいぴりりの感想から・・・。

 

 

これは本当感動しました!

 

 

はっきり言って起業家に見てほしいストーリー。

 

 

夫婦で起業して、社員に支えられ、回りの人との関係の中で明太子と言う商品を開発するストーリー。

 

戦後直後のベンチャー起業ストーリー。

 

今の恵まれた日本で、本当のベンチャーなんてないのかもしれない。
苦しみを乗り越えた先に、本当のベンチャーがあるのだろう。

 

 

そう思いました。

 

 

私の様な環境ならもっと勝負しないと!と熱くなれるストーリー。

 

華丸さんの演技も素晴らしく、3時間涙と笑いありでした。

 

あんなに泣いたの久しぶりだなあ。

 

舞台には私と同期の福岡吉本7期生のメンバーが脇役を固めていました。

 

 

それにも泣いてしまいました(+o+)

 

 

公演後、博多華丸さんの楽屋を訪ねて挨拶。

 

緊張したのであまりしゃべれず(笑)

 

写真も撮り忘れるという始末・・。

 

 

その後、同期であるパタパタママ木下君とどんぴしゃあかみねとんぼくんの楽屋を訪ねて
構成作家の住吉君たちとハンバーグカレーを食べ昼食へ。

 

 

なんてない15年以上前と変わらない会話がとても懐かしく、嬉しく思いました。

 

 

嬉しかったので街中で全員でパシャリ!

福岡吉本7期生

なんてことない時間でしたが私からすると「逃げた事が許された」感がありました。

 

 

勝手に自分が思っていただけで、逃げた人なんて多いので残っている芸人さんは何とも思ってませんでしょうが。

 

 

何年経っても戦友だと私は思っていて、戦う場所は違えど刺激をもらってます。

 

めんたいぴりりの中でこういう言葉が出てきました

 

 

 
「人はどこかで繋がっている」

 

 

 

 

まさにそうだと思います。

 

 

 

頑張っていればいつか巡り合える!

 

 

冒頭に言った「邂逅」とはまさにこういう事をいうのでしょう。

 

私は私でこの世界(サイン業界)で1位を取りたいと改めて、深く思いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 邂逅
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト