【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

チャンスをいつ掴むか?

私はいつも「チャンスをいつ掴むか?」と話しています。

 

 

経営の話ではなく、会社内での話です。

 

 

 

昨日のブログでもプロジェクトが出来るか?出来ないか?が
その人の評価を分けると書きましたが、そのプロジェクト与えられるのもチャンスなんですよね。

 

 

 

当社で現在営業リーダーをやっている看板娘は社内でチャンスを掴んだ一人。

 

 

会社が厳しいときに
新卒で入ってきて、私と一緒にとても難解な理念の勉強会に帯同していました。

 

 

 

誘ったのは私ですが、行くと決めたのは本人です。

 

 

こういう意思決定が、チャンスを掴み未来を切り開いていくのです。

3a5ae4586b4720b0ae96aff98cee8f31_s

 

 

 

プロ野球考えたらもっとわかりやすいですね。

 

 

ドラフトで入団して、3~5年以内に結果出さないともうチャンスは
回ってこないですね。

 

 

それと近いですかね。(社会人はそこまでシビアではありませんが)

 

 

 

 

 

 

若いときに回ってきたチャンスを掴む事です。

 

 

 

 

 

うちは新卒1年目、いや1か月目でもチャンスは渡します。

 

 

 

2017年新卒採用は下記よりどうぞ

https://job.rikunabi.com/2017/company/top/m299800001/

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - チャンスをいつ掴むか?
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト