【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない

仕事をしていく上で大事な事は「熱意」です。

 

 

 

「センスがない」とか「スキルがない」とかはどうでもいいです。

 

 

 

「熱意」があれば、一流にはなれなくても、1.5流にはなれます。

 

 

 

平たく言うと「やる気」と「努力」があればほとんどの事は出来るのです。

 

 

 

教育に関していうと
「やる気」と「努力」がある前提で教えていきますが、それすらない場合は
育成は難しいと言わざるを得ません。

 

 

 

あのランチェスター戦略でも「熱意・願望等の意欲能力53%、経営知識等47%」と言っています。

 

 

 

つまり「熱意・願望」すらないと、あとの戦略は無意味なのです。

 

db88eb39d32157c79b54c43516012327_s

 

 

 

馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない
言葉の意味は
「当の本人に全くその気がないのに、周りの人が教えたり、強制しても無駄だ」という事です。

 

 

 

 

人材教育に関してはまずは「やる気」を見極めた方がいいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト