【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

人生は誰かに支援した分しか返ってこない

最近、気づいた事があります。

 

 

それは、「人生は誰かに支援した分しか返ってこない」という事です。

※とある経営者の方から学びました。

 

 

「利他の心」にも近いものですね。

 

 

気持ちの矢印がどこに向かっているか?

 

 

その矢印が自分への保身に向かっている人は、不幸になっています。

その矢印が他人への貢献に向かっている人は、幸せになっています。

 

 

私は別段、自己啓発が大好きなわけではありませんが、、、
改めて世の中を見るとその傾向出てるな~と思います。

 

 

 

ちなみにこの矢印の意味は「人がいい」とか「我儘」とかそういう部類の話ではなく、もっと深い根の話です。

 

 

 

 

自分が困った時は、助けを求めるのに、他人に助けを求められたら、突き放す。

 

 

 

 

で、厄介なことにそういう事に気づいていないんです。

 

 

 

だから気づきもしないのです。

 

 

 

多分一生不幸なまま終わるのでしょうが、仕方ないです。自分の人生は自分の心の選択により決めるものなんです。

 

 

 

やはり人生は「支援した分しか返ってこない」のです。

 

 

 

そして、それを求めてもダメ。人には良い意味で期待してはダメ。

 

 

 

それでもやはり、他人に貢献していくしかないと思います。

 

 

 

やはり人生は「支援した分しか返ってこない」のです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 人生は誰かに支援した分しか返ってこない
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト