【のぼり旗に命をかける】福岡市エンドライン社長山本啓一ブログ

昔のバスケ仲間

20歳のころから弱い社会人バスケを立ち上げ32歳で引退するまでさまざまな人たちが所属しては去っていった。
例えば…
「ピチパン○矢」…バスケはだいたいウェアはダブダブである。そんな中彼は、ジョギング用の超短いパンツをはいてバスケをしていた。短いのでかなり心配になってしまう。彼は「ピチパン(ぴちぴちのパンツ)○矢」と名づけられた。
「よく分からん外国人」…ほんとによく分からないが白人が来ていた。えらい毎回石鹸臭かったのを覚えている。
「ぷっちん」…彼はなぜか毎回シャツが汗臭い。白人と彼が同じチームだとにおいがまざる。元ジョイ○ルの店長。
書き出すときりが無いので今日はここらで…

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 昔のバスケ仲間
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト