【のぼり旗・幕・バナー】福岡市のモリアゲアドバイザー社長blog

怒りについて。

最近教育についていろいろ騒がれている。
「学級崩壊」だの「しつけ」だの…
今日は毒舌で。
この前は近くのスーパーに行ったら、子供が僕にぶつかってきて元気いいのは良いのだが、そこにいた「バカ親」が「謝りなさい」の一言もなかった。
基本的に最近は親がバカすぎる!
先生が子供が言うことをきかないのですこし叩いたら「体罰」だの言うし。
言うこときかないなら叩くのはしょうがないでしょ。
怒らない親が少ないから子供がオトナをなめだしたと思う。
子供がうんぬんより、まず「バカ親達」の教育をしないと。
僕は決して甘やかさないし、言うこときかないなら叩くこともするだろう。
本当に愛情があるなら怒ることも必要である。
最近経営者でも怒らない人も増えてきているみたいだが(いわゆるコーチングなんかを勘違いして)はっきりいって「アホ」だ。
おそらく中小企業なんかは「やめられたら困るし…」という感じなのかな。
卑屈になるくらいなら会社辞めるべき!
親も社会人も怒ると言う感情をもっと大切にしたいものです…