【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

家業から企業への脱皮

エンドラインは現在、家業から企業への脱皮を図っています。

 

 

家業とは、「その家の生計を立てるための職業。生業。多く自営業」の事で

 

 

 

企業とは「利潤追求を目的として,継続的かつ計画的な意図のもとに,生産,販売,サービスなど各種の営利行為を実施する一個の統一された独立の経済的生活体」という意味です
※国語辞典より抜粋

 

 

 

家業はただ楽しければいい。行きあたりばったりで、なんとなく家族的な雰囲気で仕事していけばいいと思います

 

 

 

 

企業は、利潤追求を計画的にするので、家業のスタイルではダメ。

 

 

ある意味、家業が一番楽しくもあり、心は満たされるのでしょうが
それでは意味がないと思っています。

 

 

 

なぜなら、家業のままでは社員の将来もなく、取引先への支払額も少なく、納税も少ない。
もっと言うとそもそもの売上・粗利益総額が低いので何もできないのです。

 

 

 

企業への脱皮を図る上では、経営者の意識改革、社員の意識改革、取引先の意識変化などが必要になります。

 

 

 

これから企業として成長させていく中ではいろいろな楽しい事も、悲しい事もあるでしょうが
全部覚悟して受け止めるつもりです。

 

 

 

偉そうな感じですが、決断したので後に引く気はさらさらありません。

 

むしろ楽しみが非常に大きくなっています。

b1d1d65efad22cd662f5034454eecd41_s

共に会社を伸ばしたい方はこちら(新卒大歓迎!個別対応します)
http://www.endline.jp/recruit/

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 家業から企業への脱皮
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト