【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

高い目標達成は社長の仕事

先日、とある方からとても良い経営のアドバイスを頂きました。

 

 

内容は表題の通り「高い目標達成は社長の仕事」だという事です。

 

 

社員に目標やノルマがあるみたいに、社長には絶対的な高いノルマが必要です。

 

 

CCI20160409

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、現状1億→5年後20億の目標を立てます。

 

 

これをやるのは1→2→4→8→16億と毎年2倍の計画を立てても到達しません。

 

 

1→3→6→12→20億という計画を作らないといけません。

 

 

高い目標を掲げたら、必ず現状とのGAPが出てきます。

 

 

社員の出来る範囲は限られてきます。

 

 

 

仮に社員ができる範囲が頑張って5億としましょう。

 

 

 

残りの15億どうするか?

 

 

 

現状のビジネスのみでは明らかに無理なので
それを四六時中考え、方針を立てる。

 

 

 

社長のアイデアや熱意・工夫・行動力全てを使ってクリアする。

 
それが社長の仕事だと思います。

 

 

 

 

出来ない!は必要ないんです。社員じゃないから。

 

 

 

お客様対応は会社として最重要ですが、社長が方針を立てずに
現場ばかりを行うと、1年~2年のスパンでしか物事を考える事が出来ません。

 

 

 

 

やはり社長は現場を離れ考える時間を作り、方針を考え、アクションプランを落とし込む事が最重要です。

 

 

 

幸い社員が少しづつ育ってきているので、考える時間を作れそうです。

 

 

もっと高い目標を掲げます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 高い目標達成は社長の仕事
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト