【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

やってみないと分からない

いつも朝礼で言っている事ですが、めちゃくちゃ考えて考えて商品リリースしても
当たるか当たらないか?はやってみないと分かりませんね。

 

 

 

答えは「市場」や「お客様」にしかないと思っています。

 

 

 

考えるのは大事ですが、ある程度考えたら商品リリースした方がいいですね。(今どきはローンチと言いますかね)

 

 

大規模設備が必要ならば、深く考えなければいけませんが、当社みたいな広告系はIT投資程度ですので
やったもん勝ちのような気がします。

 

 

 

 

数年前はいろいろリリースして失敗したのは「理念なき」「MISSIONなき」「VISIONなき」「逃げの迷走」でした。

 

 

今は哲学がしっかりしてきていますので、「理念ある」「MISSIONある」「VISIONある」「攻めの疾走」です。

 

 

 

顧客の課題解決のための商品リリースしていきます。

e79275cea2d9e2e6f0fbe5236f3c4c55_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野球で言えばとにかく打席に立つ、サッカーやバスケットで言えばとにかくシュートを打つことが大事ですね。

 

 

 

 

それと同じ様にビジネスは半製品でもリリースしていく事が大事だと思います。

 

 

2017年新卒採用は下記よりどうぞ

https://job.rikunabi.com/2017/company/top/m299800001/

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - やってみないと分からない
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト