【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

月別アーカイブ: 2013年2月

経営の目的は何か?

何で経営してるんですか?

何でサイン業なんですか?

昔(といっても数年前)学生さんから良くこんな質問されてました。

当時の私は、お茶を濁す感じで答えてました。

「社員の為に経営しているのだ(人はたくさん辞めているが)」
「看板はライバル企業に大手がいないから」など適当に答えていました。

今は違います。

目的が明確です

会社の目的は「7happinessの追求」

つまり私達に関わる「7つ」のステークスホルダーの幸せの追求。

「全社員」「家族」「顧客」「顧客の顧客」「取引先」「地域社会」「エンドライン」

また、なぜサイン業なのか?

以前営んでいたうどん屋で厨房に立っている時に、入って来たお客様に「何故入ってこられたのですか?」と聞いたら「外のA型看板」でした。
また「辛みそうどん」ののぼりを立てた時は「辛みそ」が売れた。その時「サイン」って凄い!と思いました。

WEBと違い無意識的に見るサインは、人の潜在意識に入りこむ。非常に費用対効果の高いツールです。

また業界の地位が低いので向上に寄与したいと思ってます。

今はこの様に答えます。

造られた話ではなく、心の底から出てきた言葉。

目的は何か?

綺麗事ではなく、上記の様に答えれる今は相当、私も組織も強くなっています。



わが社の主力事業「のぼり・看板」はこちら



福岡の経営者・起業家のDVD詳細はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 経営の目的は何か?
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

月別アーカイブ: 2013年2月

起業がそんなに偉いのか?

最近、起業したい!という学生や若者が多いです。

それは素晴らしい事ですね。

起業する人が増えると、経済が活性化するし、雇用が生まれるからです。

「素晴らしい」事前提でちょっとだけ言いたい事が。

起業するってそんなに偉いですか?

いろいろな若い人のブログやfacebook見ていると、「若くして起業して凄い!」とか見ますが
起業するなんて明日から誰でも出来ます。

起業して「継続」「発展」してこそ本当に凄いでのす。

起業しました!=凄いと言う図式は成り立つわけではなく。。。

あと、一コト。

起業するなら「何かで一位を獲ってから」にした方がいいと思います。

分かりやすい形で言えば、営業で社内1位とか。

なにか突出したものが必要だと思います。

私は学生起業は進めません。

リブセンスの村上社長は「稀」の天才。

通常は社会で鍛え上げた方が、成功する確率は高いでしょう。

まあ、志が低ければ別ですがね。。。

わが社の主力事業「のぼり・看板」はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 起業がそんなに偉いのか?
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

月別アーカイブ: 2013年2月

意見と批判

意見と批判の違いってなんでしょうか??

「意見」ある問題に対する主張・考え。心に思うところ
「批判」誤っている点やよくない点を指摘し,あげつらうこと

と国語辞典に書いてあります。

私の見解では
意見とは「組織のゴールが見えている且つ自責で物事を進める人の主張」
批判とは「組織のゴールを理解しておらず且つ他責で物事を進める人の主張」

だと思います。

要は「有言実行か?」「言うだけ番長か?」の違いです。

組織において、大事な人は「意見」を述べる人で、「批判」する人ではありません。

どの組織も「意見」を述べる人を重く用い、「批判」する人は組織から外れるべきだと私は思います

わが社の主力事業「のぼり・看板」はこちら



福岡の経営者・起業家のセミナーはこちら



福岡の経営者・起業家のDVD詳細はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 意見と批判
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

月別アーカイブ: 2013年2月

当たり前の事を当たり前にが「一番難しい」

売上とは何だろうか?と考える。

売上とは顧客に喜んで頂き満足して頂いたその対価である。

顧客の満足とは、わが社で言うならば
「エンドラインさんのサインで売上上がったよ!ありがとう」
もしくは「エンドラインさんのお陰で元気になったよ!ありがとう」と言う事である。

凄いシンプルなのですが、これを社内に伝える事が一番難しい。

もっと言うと、業務プロセスを作る事は簡単だが、
運用させることがネックになる。

当たり前を当たり前に。

これって永遠のテーマですね。。

わが社の主力事業「のぼり・看板」はこちら



福岡の経営者・起業家のセミナーはこちら



福岡の経営者・起業家のDVD詳細はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 当たり前の事を当たり前にが「一番難しい」
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]