【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

月別アーカイブ: 2016年7月

会社レベルの引き上げ

7月が終了しました。

 

 

 
創業以来最高の売上・粗利益を達成しました。

 

 

 

 

が、特に嬉しい気持ちもありません。

 

 

 

 

理由は、一つ。

 

 

 

 

もっともっと高い志があるからです。

 

 

 

現状、自分たちが求めるレベルのサービスでもないし、

ビジネスモデルでもありません。

 

 

 

616a2778ae9c17219454eaeb6a49cb12_s

 

 

 

 

8月から下期が始まります。

 

 

 

 

それに向けて、営業関連は更に戦略を練り、それに伴いほぼ全員のポジションを変えました。

 

 

 

 

お客様の満足を高める為に、更にビジネスモデルも変えていきます。

 

 

 

 

ビジネスなんて当たるか?当たらないか?分からないから何でもやってみないと。

 

 

業界革命。看板や広告効果を検証する!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 会社レベルの引き上げ
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

月別アーカイブ: 2016年7月

視点移動はZでは動かない!

最近じわじわビジネスモデルを変えていっています。

 

看板屋さん(今もそこに強みはあります)から、費用対効果にコミットする売上支援業へゆるやかに転換しています。

 

 

私たちは広告の費用対効果を上げるために、日夜努力をしています。

 

 

その中で科学的解析の基づいた提案を行っていますが、看板だけではなく自社チラシでも解析を行っています!

 

 

こちらは視認性が狙い通りになったチラシです。

 

巷で良く言う視点はZで動いているのでしょうか??
13301331_1048811415185892_8789560107874877193_o(2)_VAS_Original

おじさん(俺だよ!)が笑っっている集客チラシです。

 

 

解析を書けると

ヒートマップ
13301331_1048811415185892_8789560107874877193_o(2)_VAS_Heatmap

ヒートマップとは、最初の3~5秒のあいだに注意をどれだけ引きつけられるかを「色」で表現したものです。
注意を引きつけやすい場所は暖かい色である黄色や赤といった色で、注意を引きつけにくい場所は寒い色である青や緑といった色で表されます。

 

 

 

リージョンマップ

13301331_1048811415185892_8789560107874877193_o(2)_VAS_Regions
リージョンマップとは、最初の3~5秒のあいだに注意をどれだけ引きつけられるかを「数字」で表現したものです。この数字は、注意をひきつけやすい確率を示しています。

 

 

 

視線トラッキングチャート

13301331_1048811415185892_8789560107874877193_o(2)_VAS_VisualSequence

 

視線トラッキングチャートでは、視線の動きを予測したものです。

 

 

 

このチラシでは
・人の顔で引き付ける(イケメンではないですが・・(笑))
・無料をアピール
・キャッチコピーを目立たせる

という事に成功しています。

 

 

また、視点はZで動いていません。

Zで視点が動くというのは大嘘!とまで言いませんが、その広告のクリエイティブによると思います。

 

 

 

当社では解析のみも行っています。

 

このように製作・印刷する前に全ての広告物を解析できます!

 

 

1回3,000円で行いますので、ご興味あれば是非

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 視点移動はZでは動かない!
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

月別アーカイブ: 2016年7月

WEBサイトいくつある?

え~と良く「エンドラインさんってWEBサイトどんだけあるの?」と言われます。

そんなに稼働しているサイトは多くないのですが、折角なの全てご紹介します!

 

 

1、看板集客アドバイザー
看板関連に絞ったサイト
http://fukuoka-kanban.com/

img_main3

 

 

2、不動産屋外広告サイト
不動産集客ツールに絞ったサイト
http://www.endline.jp

 

 

3、看板科学研究所サイト
看板の視認性や効果についてのサイト
http://kanban-kagaku.com/

 

 

4、インバウンド集客看板サイト
訪日外国人向けの看板集客サイト
http://inbound-sign.com/

 

 

5、不動産集客ブログ
不動産専門の集客ノウハウ
http://www.endline.jp/blog/

 

 

6、採用ランディングページ
エンドラインの採用LP(情報やや古い)
http://www.endline.jp/recruit/

 

 

7、激安垂れ幕・横断幕サイト
不動産・マンション向けの激安垂れ幕・横断幕サイト
http://www.endline.jp/lp/

 

 

8、不動産専門のぼりサイト
不動産専門ののぼりサイト(情報古い)
http://fudousannobori.com/lpo1/

 

 

9、屋外広告法令・条例ブログ
屋外広告の法令を分かりやすく説明するブログ
http://fukuoka-kanban.com/law

 

 

10、Fukuoka成長塾
エンドライン主催の講演会
http://www.fukuokajuku.jp/

 

 

11、社長ブログ
エンドライン代表山本のブログ
http://www.yamamotokeiichi.biz/

 

 

と現状11のサイトの運営をしています。

古くなった情報のものは更新しないとね(‘Д’)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - WEBサイトいくつある?
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

月別アーカイブ: 2016年7月

あと少し、もう少し

会社としてのポジションを少しづつ変えてきて、ここ最近「成果の芽」が出てきたように思います。

 

理由は、私ではなくても社員でも戦える武器(商品やビジネスモデル)が増えてきたことです。

 

 

元々は「単なるのぼり屋」さんでした。

 

 

「安い」「早い」しか差別化はありませんでした。

 

 

そして「看板」を手掛け、「販促ツール・ノベルティツール」を手掛けました。

 

 

そこでも「安い」「早い」しかありませんでした。

 

 

が、最近は「アナログ媒体の効果を出す」というポジションを獲得しつつあります。

 

 

今後は「ITツールをクロスしてO2Oでの売上支援会社」のポジションを獲得していきます。

 

 

私たちのMISSIONは「つたわるメディア、つながる笑顔、広がる元気ネットワーク!」というキャッチコピーで表しています。

 

効果のある面白い「価値あるメディア 」(看板・販促ツール・IT) をお客様に提供しよう!
お客様の売上が上がり、喜んでいただき笑顔になって頂こう!
その結果、お客様に感謝され「ありがとう!」を頂け、私達も笑顔になります。
その笑顔がつながり、エンドライン起点の「元気ネットワーク」を福岡、九州、日本中に広げよう!
というMISSIONです。

 

 

我々が扱っている広告は費用対効果が高くないと意味がありません。

 

広告は「売上UP」をする為のものなのに、多くの同業者はその効果よりも「安い」「早い」という副次的な差別化ばかりを言っています。

 

私たちはそこにメスを入れていきたい。

 

 

昨年から開始しているのは「看板設置前」や「広告作成前」にヒートマップ等を使って
ご提案を行い、視認効果があるのかどうか?を仮説を立てています。
http://fukuoka-kanban.com/kagaku
http://www.endline.jp/kagaku

 

 

このようなご提案を行うことにより、お客様からの相談内容も変わっていっています。

 

top

 

 

突き抜けるまでまだまだいろいろな壁があるとは思いますが、同業他社の様に「安い」「早い」を言わなくて済むようになりました。
※が、実際は「海外生産で安い」「国内生産で早い」を実現しています(^^;)

 

「あと少し、もう少し」

 

 

もうちょっと頑張れば違うステージに行けるかも。そんな予感がしています。

 

その原動力は先ほどのMISSIONなのです!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - あと少し、もう少し
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]