【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

なんでも雑種が一番強い

今日はいつも以上に超大真面目に書きます!

 

 

早く成長したい!と言う会社を念頭において書きますね。

 

 

意味のない比較かもしれませんが、東京と地方の会社の違いの一つに
「経営陣が強いかどうか?」があると思います。

 

 

私の知っている限りでは「東京は外部の血を入れてでも強い経営陣を作っている」と思います。

 

 

逆に地方は「生え抜き社員の上りが経営陣になっている」…
そんな感じがしますね。

 

 

あくまで価値観の違いなので別に構わないですが、成長を考えたら後者はないな~と思っています。

 

 

私は3月に外部より経営陣を一人増強しました。

 

 

今考えると、凄い賭けだったような気がします。

 

 

なぜ?そうしたのか?と聞かれますが、そんなの簡単です。

 

 

「早く成長して、社員やステークスホルダーに還元したいから。」
それだけです。

 

 

エンドラインも長い社員で7年ほど頑張ってくれています。

 

 

そのうち会社が大きくなる!そのうち儲かる!そのうち…と言って月日は流れました。

 

 

今年の初めにふと「そのうちっていつだろう?」と考えました。

 

 

そのうちなんて来ないんですね。残念ながら。

 

 

決断して、ガソリン入れて、エンジンかけないとあっという間に人生は終わる。

 

 

だから決断しました。

 

 

また、外部から幹部を入れたら既存社員がかわいそう。と言う方がいますが、私からしたら全くの?です。

 

 

生え抜き社員こそ大事に、大切に育成したい。

 

 

だからこそレベルの高い人を連れてきて、全体的なレベルUPを図る。

 

 

そして既存社員の成長を促し、どこでもやっていける人財にする。

 

 

それが最高の人財育成です。

 

 

なのでエンドラインは「外部招聘」「生え抜き」を混合してハイブリッドで経営陣を作りたい。

 

 

そう思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - なんでも雑種が一番強い
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト