【のぼり旗に命をかける】福岡市エンドライン社長山本啓一ブログ

経営者はどれだけ腹をくくれるか?

14年経営していて、反省することがあります。

 

それは「勝負をしてこなかったな~」と。

 

様々な気づきにより、そう思ったのですが、経営者は時として会社のリソース全てぶっこんで「勝負と決断」をする時が必要です。

 

当社は今まさに勝負をしている時期で、売上を倍増させるために、ヒトモノカネをぶっこんでいってます。

安全なゾーンだけで仕事をして

いたのでは、リターンもぼちぼちです。

 

そういう想いで起業したわけではありません。

 

ベンチャーらしく勝負をします。

e3c9afb8fa0c923ce7c1e03647d69b68_s

 

 

ただ、目算のない闇雲な勝負ではなく、勝ち目はある勝負。

 

経営とは洗練されたビジネスモデルやアイデアではなく、最後は経営者の腹の括り方が生死を分けます。

 

今は、腹を括りガンガン投資をしています。

 

エンドラインのコーポーレートサイトはコチラ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 経営者はどれだけ腹をくくれるか?
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト