【のぼり旗に命をかける】福岡市エンドライン社長山本啓一ブログ

スタートアップでもベンチャーでもない。

福岡市は市長自ら旗を振るスタートアップが賑わっている都市のひとつです。

 

 

私が起業した15年前では考えられないくらい、今は行政・民間の支援が整っています。

 

 

スタートアップ・ベンチャーが街中に溢れていて、素晴らしい事だと思います。

 

 

スタートアップはホッケースティックカーブを描ける会社。
ベンチャーは新技術や高度な知識を軸に、大企業では実施しにくい創造的・革新的な経営を展開する中小企業を指すらしい。

 

 

そもそも15年経っているのでスタートアップでは無いし、創造的・革新的なベンチャーでも無い。

 
以前はそんなのがダサいなと思って、それっぽい雰囲気を出そうとしてましたが、そういうのも止めました。

 

 

それっぽい雰囲気出そうとすると、変にITとかAIなどを盛り込む事になり事業がおかしくなります。

 
現在は売る商品はアナログ商品である「のぼり旗」をメインにしています。(今後は×ITはするでしょうけど)

 

 

それっぽい雰囲気を出そうなんて考えなくなってから、事業のツキが回ってきています。
少し本質が見えるようになったのでしょうか?

 

 

エンドラインはスタートアップでもベンチャーでも無い、しかし高い成長はしていきます。

顧客の課題だけを見ていきます。

 

 

そんな企業をなんて言うのだろうか?

ちょっと考えてみますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - スタートアップでもベンチャーでもない。
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト