【のぼり旗に命をかける】福岡市エンドライン社長山本啓一ブログ

自分を知れば幸せな生き方が出来る

どこかの書籍の様なタイトルですが(笑)

 

その意味は、、、

1年半前から入っている経営者団体で、自分を省みる時間があるんです。

 

 

内観に近いものでしょうか。

 

 

そういう事を1年半も続けると、自分が何者か?が少しづつ分かってきます。

 

今までの自分はベンチャー感を出そうとしていた気がします。
まあ、背伸びと言うか自分らしくないと言うか。
〇年後△億!とかですかね。

 

ある時、私が会社をやっている目的はそこじゃない事に気づきました。

クレドに書いてある通り、ステークホルダーのhappyなんですね。

 

ベンチャー感を出すと、何かに縛られた感じで,

「仕事したい」というより「仕事しなければならない」感覚に陥ってました。

 

 

年明けより、ものすごく自然体で経営できるようになりました。

例えば
・大きな事は言わないようにしました。
・数年後の数値設定も頑張ればできる範囲にしています
・長期スパンで物事を考えるようにしました
・経営者として何が大事なのか?改めて理解が出来ました
結果、以前より幸せに経営出来ている気がします。

 

 

大きな事とは1,000億企業とか社員1,000人とかですかね。
本当言ったら、そんな規模の事業はやれないです。その器ではないし、やりたくないのもあります。大変そうで。
でも、自分が保てるだろうと思ってそういうVISIONを言っていました。

 

 

私の最大MAXは「100億・社員300人」だと思っています(それでも結構凄い。。)

 

 

数値設定や目標もわけの分からない掛け声ではなく、実現出来そうなものにしました。

 

 

今は「経常利益額」「1名あたり粗利益」「粗利益率」の3つを重視しています。
というかそれだけ見てけば十分。

 

売上とかどうでもいいです。あとは自然にBSが良くなるはず。

 

当面は経常利益額3,000万円を超える、そして経常利益額1億円を超える。
1億越えたら選択肢の自由が待っています。

 

 

そして社員数は増やさず、最低限の人数で回したい。

 

 

儲けて社員へ還元したい。

 

 

 

 

やはり、人は自分を知らなければ不幸になります。

 

 

明らかに不向きな事や器を超えた壮大すぎる事を追いかけると苦しくなります。
社長はよくても、社員はたまったものじゃありませんね。

 

 

自分の器にあった適正な成長が一番幸せです。

 

 

誤解なきように書いておきますが、以前より成長意欲が増してきています。
それは「MUST」な感覚から「WANT」になってきているからです。

 

 

今期は2月からですが、忙しすぎるほど仕事が増えていっています。

 

 

それでも「売上」は絶対追いません。

 

 

適切に成長をし、経常利益を残す経営をやっていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自分を知れば幸せな生き方が出来る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト