【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

月別アーカイブ: 2014年4月

中小企業が社員教育をしない理由

[中小企業が社員教育をしない理由]

これは由々しき問題です。

私の知っている中小零細企業は社員教育に熱心な方が多いです。

社長自ら学び、社員も学ぶ。

結果、会社の業績が上向いています。

逆に社員教育をしない中小企業も多数あります。

社員教育されてないない社員さんって、とてもかわいそうだと思います。

持っている力を伸ばしてあげないのは「個人のキャリア」の為にも損失だし
「社会にとっても損失」だと思います。

なぜそういう問題が起きるのでしょうか?

一言で言うと
「社長がしょぼい」からです(笑)

これは事実で、しょぼいから社員さんに実力つけられたら困るのです。

特に「財務関係」の知識はつけられたくないでしょう。

自分が社員さんと知識の差があればずっと威張っておけます。

社長との社員さんの実力の差が縮まれば、社員さんからの意見も変わり、社長は厳しく突き上げられますね。

お金がない!とか時間がない!ではなく社長の器がないのだと思います。

私は器があるかどうか分かりませんが、社員さん自身の人生の為に
いろんなこと教えたいと思います。

それを学ぶか?学ばないか?はその人自身の問題ですので
私はやるべき事をしっかりやって、キラキラ輝く人財集団になればいいな。と
いつも思っています。

ですので、知っている事は全て教えますし、一緒にセミナーも行きます。

お互いWinWinの関係が一番ですね!(^^)!

わが社の主力事業「のぼり・看板」はこちら


不動産事例のぼり・幕・看板はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 中小企業が社員教育をしない理由
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

月別アーカイブ: 2014年4月

ファサードサイン施工事例「ほぐれる」様

先日、福岡市博多区ヨドバシカメラ横にあります「ほぐれる」様の看板施工を行いました。

元々キングダムという質屋をやっていたのですが、業態転換で「マッサージ」をすることになりました。

入り口看板(ファサードサイン)を変えるだけで、一気にイメージ変わりますね!

施工
エンドライン株式会社
〒815-0033
福岡県福岡市南区大橋1-2-3 大橋センタービル5F
TEL 092-511-2583 / FAX 092-511-2586

お店住所:〒812-0012 福岡県福岡市博多区博多駅中央街6−2


大きな地図で見る

わが社の主力事業「のぼり・看板」はこちら


不動産事例のぼり・幕・看板はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ファサードサイン施工事例「ほぐれる」様
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

月別アーカイブ: 2014年4月

環境と気づき

最近は「組織」と「人」の事ばかり考えています。

考えているというより「興味がある」と言った方が正しいかもしれません。

私は学歴が無いのですが、「学歴」と「仕事」や、「地頭の良さ」などの相関関係にとても興味あります。

いろいろ考えて出た結論。

それは「学歴と仕事の結果は関係ある」と言う事です。

だから、一流企業は一流の大学の人間を採用しているのです。

一流大学生は地頭もいいと思います。

では、学歴がある人はなぜ良いのか?

それは「大学時代の環境の良さ」だと思っています。

「東大」「慶応」「早稲田」などを見ると、地方の大学より
学生自体のレベルが高いですね。

周囲は政治家や商社を目指したり、起業したりと言う話が飛び交うそうです

地方の3流大学はどうか?

私の経験では、「今日何食べるか?」「バイトどうする?」という程度の話が多いと思います。

「環境」により人の人生は変わります。

人は環境に流される生き物です。

では、環境が良くないと全てだめなのか?

実はそうではありません。

環境が良くなくても「気づき力」があれば問題ありません。

「気づき力」とは、いろんな問題や変化に対して「気づく力」。

私は「気づき力」=「素直さ」と思っています。

物事の変化に素直に気づき、素直に取り入れる。

そうすることで、自分の心が変わり、環境が変化してきます。

環境が悪いと嘆く他責ではなく、常に自責として捉えていくことが
豊かな人生を送る秘訣・成功の秘訣だと思います。

素直な人は伸びるのは、「気づき」、「変化」できるからだと思います。

今後の採用は「素直」「気づき力」をメインに軸を考えていきます。

わが社の主力事業「のぼり・看板」はこちら


不動産事例のぼり・幕・看板はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 環境と気づき
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

月別アーカイブ: 2014年4月

会議で決めても実行されない理由

私は仕事様々な会社とお付き合いしています。

伸びている会社と伸びていない会社を比べると
決定的な違いがあります。

それは「実行しているか?していないか?」です。

例えば
上司が指示を出したら、出しっぱなし。

期日の当日に「あれやってる?え?やってないの?やれよ!」と詰めてしまいます。

部下も実行していないのを「忘れるふり」をしている。
本当は後回しにしているだけなのに。

会議でたいそうな事を決めても「実行」されない事が多すぎます。

なぜ「実行」されないのでしょうか?

それは「進捗の確認」が甘いからだと思います。

先ほどの例でも「上司は忘れている」「部下は忘れたふりをしている」となってしまうと
何事も実行はされませんよね。

「実行」されなければ、良いも悪いも結果は出ません。

私は、指示したことを「手帳に書き」「Googleカレンダー」に記載しています。

それでも1割ほど抜けがあるので、全社員共有の「指示・依頼進捗確認シート」を作りました。

人も増えてきたので、指示漏れ・実行漏れがたくさん出てきます。

それを「個人」のせいにしたくないので、全て仕組化していこうと思います。

大事なことは「指示依頼→途中の進捗確認→実行→結果」だと思います。

わが社の主力事業「のぼり・看板」はこちら


不動産事例のぼり・幕・看板はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 会議で決めても実行されない理由
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]