【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

年別アーカイブ: 2015年

自分のスタイルを貫け!

先日TV放送された「しくじり先生」を見ていたら、なんと元K-1ファイターの武蔵が出ていた。

 

musashi_K-1

 

 

 

 

 

 

詳しい内容はこちら

 

 

当時のK-1での戦い方を思い出してほしいのですが、武蔵の試合は本当に判定狙い。
戦う気あるのか?と思うくらいです。

そのせいでブーイングが飛ぶこともしばしば。

 

しくじり先生では「当時は本当に大型選手とやるのが怖かった!」と激白。

 

逃げ腰でした!と。

 

 

そして逃げ腰ファイトをひたすら続けて引退した今では

「武蔵は稀代のディフェンステクニシャン」と言う評価になっています。

 

 

TVの最後で武蔵が言ったのは
「他人の意見も大事だけど自分のスタイルをひたすら貫く事も大事。評価は後から遅れてやってくる」と。

 

 

 

あ~確かにそうだな~と思ってしまいます。

 

人の評価なんてその時代時代で曖昧で、評価する人にもよります。

 

人の意見ばかり聞くと軸がぶれてしまいますね。

 

 

経営者で言えば、うまく行っている人の講演を聞いて、そのまま自社に導入してもダメだと思います。

 

 

人それぞれ独自の価値観やスタイルがあります。

 

 

私も上半期は自分のスタイルではない戦い方をしていました。

 

 

人から学ぶ事も大事。変化も大事ですが、自分のスタイルを貫き、変化しない事も大事です。

福岡のベンチャー広告会社が新卒採用やってます!
http://www.endline.jp/recruit/

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自分のスタイルを貫け!
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

年別アーカイブ: 2015年

知名度

広告の効果って
大きく言って2つあると思います。

 

 

 

1つはダイレクトマーケティングの様な「即レスポンスを獲得する」方法。

 

 

 

これは現在ネットマーケティングでは主流ですね。

 

 

 

もう一つは認知を上げる方法。ブランディングだと思います。

 

 

実は「認知・ブランディングって大事だな~」と思う事件??がありました。

 

 

 

新卒採用を今年もやっているのですが
学生さんがエンドラインを選んでくれた理由の一つに「認知度の高さ」があったからと言っていました。

 

 

 

別に上場しているわけでもない、小さな企業ですが、その学生さんの周囲の方々が
エンドラインを知っていて進めてくれたいたらしいです。

 

 

ある意味の認知の高さであり、ブランド力なのかもしれません。

 

 

広告にも同じことが言えて、即反応がないからと言って
その広告が効果がないわけではありません。

 

 

じわじわと聞いてくる認知的広告も大事なんだと思います。

 

 

 

私がメイン商材としている看板はどちらかというと認知広告ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 知名度
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

年別アーカイブ: 2015年

どうすればできるのか?

今やっていることは無謀な挑戦だと思ってます。

 

 

 

それなりにいろいろな所に負荷がかかっていて、その負荷はいろんな部分で炙り出され、歪が出たりします。

 

 

 

目まぐるしく過ぎる日々の中でトライ&エラーの繰り返しで。
悪く言うと小さな失敗の繰り返しで
「本当に出来るのだろうか?」と一抹の不安が頭をかすめる時があります。

 

 

 

 

そういう1日は「できない思考」に囚われやすくなります。

 

 

何をやっても可能性を感じなくなる思考。

 

 

 

 

これが一番ガンです。

 

 

なので、こういう時はどうするのか??

 

 

 

解決はたった一つの思考。

 

「出来ないという思考ではなく、どうしたらそれが出来るのか?という思考」
に切り替える事が必要になります。

 

 

 

 

出来ない!と考えると、そもそもベンチャーは全部できないです。

 

 

 

そうではなく、どうしたらできるのかな?と考えると、つまらない解決法でも3つ、4つ浮かんできます。

 

 

 

映画のワンシーンでよく見る、
~暗いトンネルに一筋の光が見えると、希望が湧き、そこいる全員の歓喜の渦が出来るように~
常に会社には一筋の光を照らし続けなければいけません。

 

 

 

その一筋の光は、天から降ってきたような、神の思し召しの様なものではなく、自分の中に、自分の原点に近い部分にあるのだと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - どうすればできるのか?
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

年別アーカイブ: 2015年

原因と結果

良きにしろ、悪きにしろ原因と結果は関連している。

 

 

ジェームズアレンの「原因と結果の法則」はそれを教えてくれる。

 

 

 

清らかな心を持った人には、清らかな環境が出来て
邪悪な心を持った人には、邪悪な環境が出来る。

 

 

 

 

人間は自分の考えた通りの人生を歩む。

 

 

 

 

それは内なる自分の心からすべて始まる。

 

 

 

 

思いが全てを決める。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 原因と結果
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]