【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

月別アーカイブ: 2016年3月

シンプルに考える

最近何でもシンプルに考えるようにしています。

 

 

例えば「良い会社って何?」と定義する場合、、、、
難しく考えるとあれこれ出てきますが、一番は「社員が幸せな会社」が良い会社でしょう。

 

 

部活やサークルを含め全ての組織を考えると分かりますが、そこに集う人たちが
活き活きしているかどうか?が重要にだと思いませんか??

 

 

また、どうしたらお客様に喜んでいただけるのか?

 

 

スタートアップ界隈で、小難しいビジネスモデルやITを使った何とか~など持て囃されてますが
ビジネスのセンターピンはそこじゃないような気がします。

 

 

 

また「価値提供」だけできればいいのか?「差別化」が出来ればいいのか?

 

 

 

それも違うと思います。

 

 

 

シンプルに考えると「笑顔で元気で対応する事」「最後まで責任もって仕事する事」じゃないでしょうか?

 

 

 

結構真実じゃないかな~と思います。

 

 

 

学べば学ぶほど知識がつき、本質が見えにくくなるのですが、灯台下暗しの言葉の様に

真実はひっそりと、意外と、足元に咲いている気がします。

 

 

 

もっと基本に立ち返り仕事をしていこう。

 

 

 

再度、そう思いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - シンプルに考える
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

月別アーカイブ: 2016年3月

人をたくさん雇いたい

本日、親しくさせて頂いている研修会社さんから

弊社の社員あてに「研修講師」依頼のメールが来ました。

 

 

その社員の営業力・対応力が見込まれての講師依頼です。

 

自分が褒められたり、承認されるより、うちの社員が承認されるのが一番嬉しいですね。

 

 

起業を題材にした漫画「マネーの拳」にこのようなシーンがあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「会社とは、人をいっぱい雇う事だ。」

 

まさに、その通りです。

 

理念共有した、いろんな個性の人が集まって、知恵を出し、良い会社を作っていきたい。

 

 

私個人で出来る事は限られています。

 

目的を同じとした同志が必要です。

 

儲かって今は人をたくさん雇いたい。

 

そう思っています。

 

雇って、育成して、その中から優秀な人材を輩出したいと思っています。

 

それが最大の社会貢献かな?と思います。

 

「儲かる→人への投資→社会への貢献」

 

 

 

このサイクルを作ろうと思います。

 

 

 

最近、人の引きがとても良いです。

 

 

 

過去最高に社内ムードはいい感じです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 人をたくさん雇いたい
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

月別アーカイブ: 2016年3月

社員が辞めない会社はhappy?

「うちの会社は社員が辞めません」とか「離職率が低いのです」と言う会社がありますが裏を返せば「会社が大して成長していません」とも解釈できます。

 

 

もしくが「本当に良い会社」なのでしょう。

 

 

前回「経営の目的」というブログを書きましたが
エンドラインの経営目的は社員がhappyになる事です。

 

 

 

それは社員を楽させることではなく、成長して共に成功を噛みしめたり、本人のスキルがUpしたり、、、
どこでも生きていけるようにしたい。
そうする事により給与がUPしていく。

 

 

 

物心両面の豊かさを提供したいと思っています。

 

 

話がずれましたが、、私は「結果社員が辞めない会社を作りたい」ですが、「社員が辞めない事を目的」としたくありません。

 

 

 

 

もちろん辞めてほしいと思う事は一度もないですが、辞めない事を目的として事業をすべきではないと思います。

 

 

 

成長を望まない人や付いてこれない人は会社続けることがhappyかどうか?
また価値観が多様化している中で、全員がずっと同じ目的に向かって走る事がhappyなのかどうか

 

弊社が急成長時期に差し掛かった場合、こういう事が問われると思います。

 

 

一番いいのは共に成長できる環境や仕組みを作る事。
仮に成長が鈍い人でも、そういう人を雇える事が出来る利益を出す会社にしたい。

 

やる気がある人はどこまでも、信じないといけないのだとも思っています。

 

何でもかんでも離職率が低い事=happyではないと思ってます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 社員が辞めない会社はhappy?
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

月別アーカイブ: 2016年3月

経営する目的

現在2017年の新卒採用を行っています。

 

 

 

 

 

合同説明会やら単独説明会を開催していますが
その中で一番伝えたい事は当社の事業目的です。

 

 

 

 

 

エンドラインの企業理念は
「人があつまる。人をあつめる。縁を線にする。」(ENとLINE)です。

 

 

 

 

 

注釈すると
======================================================================
当社は「人があつまる。人をあつめる。縁を線にする。」という企業理念の元に集まった仲間たちです。
いろんな人が集まる会社を作り、人を集める売上支援の提案をします。

そして、頂いたご縁を点ではなく、線にしてご縁を繋ぎあって、
そのhappyな輪を広げていきたい。これが当社の企業理念です。
======================================================================

と言う意味になります。

 

 

 

人があつまる。為には良い会社を作らなければいけません。

 

 

 

 

私が思う良い会社はただ一つ。
「働く社員が幸せになる会社」です。

 

 

 

 

幸せの定義は2つあり「社会性」「経済性」の両面です。

 
エンドラインでは
【社会性の追求】
共に「成長」できる仲間関係作りです。
人は「成長」してこそ、顧客に、社会に貢献できます。その結果自分への貢献になります。
育成環境を充実させ、全員で成長します。

 

 

【経済性の追求】
「給与引き上げ」「福利厚生の充実」の事です。
「平均給与水準」の引き上げなど「福利厚生」を充実して理念を体現して、結果を出した社員が報われる職場にします。

 

 

と定義しています。

 

 

長々と書きましたが当社の企業理念(想い)は

 

「人があつまる。人をあつめる。縁を線にする。」ですが

 

 

私が経営する目的は
「働く社員が幸せになる会社」を作る事です。

 

P5924235

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年新卒採用は下記よりどうぞ

https://job.rikunabi.com/2017/company/top/m299800001/

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 経営する目的
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]