【のぼり旗・幕・バナー】福岡市のモリアゲアドバイザー社長blog

Monthly Archives: 3月 2020

さよならSNS

こんにちは。
最近、思う事がありましてSNSを見るのも投稿するのもやめました。

 

 

 

コロナが起きて、自粛が進むの正義なのですが、あまりに強い論調とかやや疲れてしまいます。

 

べき論でさも自分がわかったような論調が自分の感性を蝕むなと。

 

それぞれがぞれぞれの立場で正義を振りかざす投稿にほどほど疲れたというのが本音です。

 

 

みなさん、余裕がないんでしょう。わかります。明日には倒産しそうとか来月が見えないとか。
私も追い詰められてはいませんが、このままだと相当まずいなと思っています。

 

いろんな企業が「倒産」「リストラ」を行っていくのでしょう。

 

 

まあ、そんな中でFacebookやtwitterなどの投稿見ていると、価値観押し付けで疲れるわけです。

 

 

しかもSNSの世界っていきなり論調が変わるんですよね。

 

 

今まで黒と言っていたのに誰かが白というとみんな白になる。
なんだか私には分からない世界になってきたので、SNS断ちをしました。

 

 

その代わりブログをしっかり更新していくつもりです。

 

 

※当社はエンドライン株式会社のぼり・幕・バナーなどを提案しています。よろしければWEBサイトご覧ください(^^♪

Monthly Archives: 3月 2020

悲観的にならずに、まだまだやれる事はある!

コロナショックはまだまだ続きそうですね。回復まで早くて1年、通常2年、長くて3年ですかね。

 

 

こういう時こそ、悲観的になりすぎず(経営計画は悲観的に作ったほうがいいですね)、可能思考でやっていきましょう。

 

 

私の今の気づきは「ぬるい経営やってたな~」という事です。(全部がぬるかった)

何も問題がない時はいろいろな事に気づかないもんですね。

こういう気付きは「逆境」じゃないと得る事が出来ません。

 

 

 

また、戦国武将の山中鹿之助は「願わくば我に七難八苦を与えたまえ」と言った通り、困難こそ人を成長させます。

 

 

 

まずは逆境を冷静に受け止める事が大事ですね。

 

私は極論で考えるようにしていて「この逆境で私は死ぬのか?」と考えるようにします。

 

例えば、今回のコロナで売上が半減した場合、会社は倒産するでしょう。でも死ぬ事ではありません。つまり命には関係ないので、恐怖を飲み込み、腹を据えるようにします。

 

 

 

 

冷静になったら、次は「できる!」という可能思考を行います。

 

 

 

ここでとても良いエピソードをお話しますね。

 

 

10年前の事です。
ご縁あり、岐阜にある有名な上場企業「未来工業」様に訪問したことがあって創業者の山田さんにお会いしました。
その後福岡でも数回お食事をさせていただきました。

その時の話です。

 

 

山田さん「君の事業ってマーケットシェア何パーセントあるの?」
私「そうですね、1%もないですね。全然マーケットシェアはありません」
山田さん「ほう、そうか。良かったな~」
私「へっ?」
山田さん「いやあと99%のシェアを取る事が出来る。可能性あるね。100億は余裕で行くよ。」

と言われテンションが上がったのを覚えてます。
凄い可能思考の方で、なんだかやる気にさせるのがうまいなあと思いました。

 

 

このような時期だからこそ「マーケットシェア」の話を毎日思い出します。

 

 

マーケットが5割減になっても、1%しかとれていない我々は関係ないです。日本全国津々浦々の企業に全部アプローチしてだめならあきらめるけど、まだ獲得できる新規リストの余力があるうちは、マーケティング・営業活動を徹底的にしなければいけない。と強く思っています。

 

 

この時期に大量の見込み客(リスト)を作っておき、景気の浮上と共に一気にアクセル踏めるようにしたいなあと。なので明日、いや今日からでも手を緩めず今まで以上にマーケティング・営業活動をやります。(でもお金は使わない!)

 

 

私も含めほぼ全業種で大変ですけど、中小零細企業の経営者が政治や経済のせいにしても、何も始まらないし、何の解決にもならない。そこに怒りや自分の思考をつぎ込むなら少しでも売れる商品を作って、マーケットにリリースする方が健全ですよね。

 

 

 

またそういう危機的状況の際にリーダーの立ち振る舞いって、部下は絶対見てると思います。

 

 

 

社長は孤独だけど、別に強がらなくてもいいと思うし、ある意味社員を頼ってもいいと思う。組織力の差が思いっきり試される「コロナショック」だと思っています。

 

※悠々自適に書いてますが、うちも販促ツールなので景気のあおりは食らうし、更に2段階、いやもっとそれ以上に低下していくと思ってます。なので共に頑張りましょう!

 

のぼり・幕・バナー等あれば是非お問い合わせください(^^)/

Monthly Archives: 3月 2020

社員10人の会社が速攻テレワークできた理由【4】評価制度の運用

社員10人の会社が速攻テレワークできた理由【1】はじめに‥
社員10人の会社が速攻テレワークできた理由【2】理念・VISION・MISSION・企業文化の共有
社員10人の会社が速攻テレワークできた理由【3】戦略・方針の文書化

今回がテレワークシリーズ最終回。

 

 

先日、テレワークを行っている企業の社長様からとある悩みを聞きました。

 

「うちの社員は自宅でちゃんと仕事してるんだろうか?不安だな」と。

 

 

毎日、いや毎時間気が気でないらしいです。

 

大変だな~と思いますね。

 

 

 

当社に関して言うと全く不安ありません。

特に社員をがんじがらめにしているわけではありませんよ。

 

 

 

全く不安がないのは2つの理由です。

 

 

一つは真面目な性格の良い社員を採用してきた事(これめちゃくちゃ大事)

 

 

もう一つは「評価制度」が機能しているからです。

 

c866364fa1c0235d48b0a8d76e13277b_s

 

 

 

 

ここで釈迦に説法ですが、「評価制度」って何のためにあるのでしょうか?

 

 

 

通常は「社員の成果のみを評価する」為の評価制度が多いですね。

 

 

 

しかし、もっと大事な事は、会社の方針に沿って目標を自主的に立て、そこに向かって努力するプロセスを評価する事で、社員の成長のお手伝いをする事です。

 

 

 

 

評価制度は成果に対して、ゲキ詰めするものではありません。
上司と部下で目標を握り合い、そこに向かって伴走して、目標を共に達成する。

 

結果会社の目標も達成する。

 

 

いうなればマラソンのコーチに近いかなと思います。

 

 

 

そのような評価制度を導入すれば「テレワーク」に関して不安はなくなりますね。

 

 

 

弊社は「あしたのチーム」さんという会社の評価制度を導入して、新卒社員の離職が0%になっています。

 

 

 

多くの企業が、仕事の成果に対する評価が曖昧なのが、残念ですね。
頑張っても報われないならば仕事をする意味がなくなってしまいます。

 

 

 

テレワークも見えないからこそ、最初に目標を握り合い、成果を出すマネジメントを行えばうまくいきますよ。

 

 

さて、4回にわたって「社員10人の会社が速攻テレワークできた理由」を書きましたが、いかがでしたでしょうか?
少しでも参考になれば幸いです。

 

※評価制度の件は以前詳しく書いてますので参考に。弊社でもあしたのチーム様はご紹介可能です。
人事評価を運用するという事

ホワイト企業に一つ前進

経営者と社員を繋ぐ大事な2つのもの。

評価制度を導入して2年・・・

Monthly Archives: 3月 2020

社員10人の会社が速攻テレワークできた理由【3】戦略・方針の文書化

社員10人の会社が速攻テレワークできた理由【1】はじめに‥
社員10人の会社が速攻テレワークできた理由【2】理念・VISION・MISSION・企業文化の共有

に続き今回は3回目ですね。

 

 

社員10人の会社が速攻テレワークできた理由【3】戦略・方針の文書化というタイトルでお送りします。

 

 

 

前回は理念共有が大事だと話しましたが、今回は戦略・方針までしっかり共有出来ていますか?というお話です。

 

 

 

 

戦略の作り方・方針書の作り方は今回割愛しますが、やらなければいけないのは必ず文書化して配布して説明する事です。

 

 

 

 

当社では経営計画書80Pを年2回(上半期、下半期)に配布しています。

 

 

2020-03-11 22.37.26

 

 

2020-03-11 22.37.36
2020-03-11 22.38.02

 

 

 

 

 

Ⅰ、事業概要
Ⅱ、事業領域
Ⅲ、14期の振り返り
Ⅳ、中期経営方針
Ⅴ、15期の方針
Ⅵ、商品・研究・マネタイズ
Ⅶ、各部門事業方針
Ⅷ、営業部方針
Ⅸ、マーケティング部方針
Ⅹ、人財
Ⅺ、その他
+
業務基準書(会社のルール)

 

の12項目から成り立っています。

 

 

戦略・方針を全て記載すると、社員はそれを理解して行動するので、ぶれが無くなります。

 

 

計画書の作成は経営者からすると、とても大変な仕事で、私も1~2か月かけて作成します。

 

 

毎年2月が新しい期なので11月末から作成に入ります。

 

 

是非皆様も作成して共有してください。

 

 

共有方法は社内経営計画発表会を開催する事です!