【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

最近思う事その1:かっこつけた飾りはいらんぜよ!実益あるのみ。

にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ←クリックしてください!ランキングが上るんですっjumee☆up1


なんだか、長い題名ですいません。
今日書きたかったのは、最近強く思いはじめた事があるから。
※数回に分けて書きます!
それは
「自分に合わないかっこつけブランディングはいらない」と言う事です。
もうそんな時代は終わったんですよ。
最近はワイキューブと言う会社が民事再生を出してしまったが、ここからもいろいろ学ぶことがある。
まず「派手な会社はダメ!」という事だ。
一時は「ブランディング」という言葉で、綺麗な事務所や立地で表面を優秀に見せて営業するという会社が増えた。
僕もそういう事に憧れたこともある。
しかし、綺麗な事務所や立地は大きな問題がある!
「家賃が高い!」という事だ(笑)
家賃と言うのは、何も生まない。単純なコスト以外何物でもない。
綺麗な事務所と素晴らしい立地で「社員のモチベーションが上がり」「売上が上がり続けるなら」それでいい。
一時的には「社員のモチベーションも上がる」だろうが、長くは続かない。
それはそうだ。
人は環境に慣れる生き物だから(~_~;)
僕自身、福岡市南区塩原というちょっとマイナー場所に事務所を構えているので、福岡市中央区天神や博多駅近辺に引っ越したいと思うが、毎度移転計画は中止になる。
やはり「家賃はコスト」という強い想いがあるからだろう。
もちろん、綺麗な事務所で仕事がしたいし、上昇志向もある。
しかし、最後に自分を助けるのは「働いてる人」や「現金」だと思う。
また、家賃にコストをかけるなら、社員や私の収入を増やした方がよっぽどマシである。
僕はここ数年とても苦しんだ。
苦しんだから、「実益」が見えるようになってきたと思う。
やっぱり表向き派手な会社や社長はダメだと思う。
※決して「お金持ち」がダメと言っている訳ではない。お金持ちにはなりたいが、分相応でやっていくべし!と言う事である。まあ、こんな事言うとつまらない社長と思われるだろうが、企業は長く緩やかに成長させることが大事だと思う。価値観の問題。
続きはまた明日。
ツイッターはこちらから→https://twitter.com/endyama
垂れ幕・横断幕はこちら
福岡のセミナー情報はこちら
のぼりサンプルはこちら
WEBマーケティングブログ
看板製作事例はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 最近思う事その1:かっこつけた飾りはいらんぜよ!実益あるのみ。
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト