【偶然の出会いを演出するのぼり旗に命をかける】福岡のエンドライン社長山本啓一blog

尖った感じ。

うちの会社は「変わってるね」とか「面白い」とか「明るい」とか言われます。
「へえ~みんなそんなに仕事がつまらなくて暗いんだ!」とこっちが疑問ですよ。
お客さんと話していて、思う事があります。
ここで居酒屋を例に挙げます。
極端な例だけどキャッチコピーが「いつでも、誰とでも楽しく飲める!全ての料理がおいしい」という
居酒屋があります。
で、だいたい少しオシャレにして、くつろげる感じ。
こんな店が毎日オープンしてます。
まったく自分の強みも打ち出さないまま、客層も絞らないまま、ありきたりなお店や会社って面白いですかね?
僕は4年経って、そんなの非常につまらないと思いだしました。ぐー
何かが流行ればそれに追随、勇気がないから安全なビジネス、誰にでも好かれる会社…(嫌われたいわけではなく客層絞れと)
極端な例だが「60代男性に絞った学生闘争バー」なんかの方が面白いぞ!
で自社を見ると、普通の商品。つまんねー絵文字名を入力してください
本当に尖った感じでこれからバンバンスピード付けて行こうっと。
衆議院選挙戦近し!選挙グッズはこちらから


←クリックお願い
にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ←最後にこれも

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 尖った感じ。
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト