【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

ねこまんま

渋谷にあるぷん楽というお店で1月よりねこまんまを480円で提供し始めた。
/wp-content/uploads/20090412150243d37s.jpg” alt=”ぷん楽” border=”0″ />
20代~30代の男女がよく注文しているらしく、かなら好評らしい。
/wp-content/uploads/20090412150223c26s.jpg” alt=”ねこまんま” border=”0″ />
そもそも「おとなのねこまんま」という本がきっかけでブレイクしたんだが
/wp-content/uploads/200904121509372a5.jpg” alt=”おとなのねこまんま” border=”0″ />
すでに3万部売れてるらしい。
このブレイクで気づくことが数点あるが
例えば「残り物の具材」が売り上げになると言う点だ。
自社のビジネスに置き換えてこの「捨てるもの」が「売上になる」という感覚は是非大切にしたい。
それと同時にやはり馬鹿馬鹿しいものでもあえて本気で取り組むことが非常に大事だとつくづく思う。
僕が今考えているビジネスは話したとしても10人中9人が「売れるの?」とか「ピンとこない」と言う感想である。
その度に「やった」と嬉しくなる。
話して「いいね」と言われるビジネスはもう遅いか、庶民感覚的になりすぎて目新しくないからだ。
やはりベンチャーは尖らないとね。
ねこまんまみたいに。
酒蔵の皆様、のぼりはエンドラインで


にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ←クリックしてください!ランキングが上るんですっjumee☆up1

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ねこまんま
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト