【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

前々日のブログの続き

福岡頑張れよ!というブログの続き…。
今回もアホ零細企業の戯言ですので。
そもそも福岡で勉強会に行けば、毎回同じ顔ぶれになる。
意識が高い人が、少ないんすよ。
それはいい意味でも悪い意味でも、「繋がり」で仕事が発生しているから。
「昔からの知り合いだから」
「同じ会に入っているから」
など。
それはそれでいい事もたくさんあります。
優しさ、温かさ、付き合いの大事さ…
だからこそ、もう少しシビアになる部分も必要と思います。
優しいからこそ、温かいからこそ、甘える部分もあるし、小さなコミュニティでビジネスが成り立ってしまう。
九州で伸びてやるぞ!と思ってもはっきり言って「お手本」が少ない。
20代でIPOするとか言う人もいない。
僕からすると大手企業のサラリーマン社長の話聞いてもつまらないし、なんだかこう身近にいないんですよね(僕が知らないだけかも)
フタタやピエトロの下降もなんだか寂しいし(夢無くなりますよ)。
福岡から新興企業がどんどん出ないといかんですね。
福岡の面白いのぼりはエンドラインで


にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ←クリックしてください!ランキングが上るんですっjumee☆up1

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 前々日のブログの続き
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト