【のぼり旗に命をかける】福岡市エンドライン社長山本啓一ブログ

理念の定義

さて、前回の続き。

企業理念ですが、理念=事業目的と私は理解しています。

それが前回も書いた
企業理念=事業目的(有意義な目的=なぜ)
エンドラインは「おもしろさ」を軸に新たなサインを、「笑顔」を軸に人の繋がりを、「元気」を軸に明るい社会を創りだすワクワク想造企業です。

という理念。

ここで重要なのは「サイン」という言葉。

サインと言う言葉には「標識⇒看板」「合言葉⇒理念の共有」「しるし⇒ 目立つ・マーク」 
「足跡⇒過去の軌跡」「奇跡」「神のお告げ⇒使命感」と言う意味があります。

「看板」と言う意味だけではなく「理念を共有」「軌跡を残す」「奇跡を起こす」「使命感を感じる」という5つの意味があります。
※ちょっと深いですか?(笑)

つまり、エンドラインはおもしろさを軸に新しいオリジナルの「看板を提供」「理念を共有」「軌跡を残し」「奇跡を起こし」「使命感を感じ」て創りだす会社なのです。

また「笑顔」を軸に人と人を繋げ(これがFukuoka成長塾という事業をしている意味です)、「元気」を軸に明るい社会を創り出す事を目的とする「ワクワク想造企業」なのです。

最後に、ワクワク想造企業とは。。

想像から価値を創造する集団。顧客をいつもワクワクさせる企業と言う事です



わが社の主力事業「のぼり・看板」はこちら



福岡の経営者・起業家のセミナーはこちら



福岡の経営者・起業家のDVD詳細はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 理念の定義
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト