【のぼり旗に命をかける】福岡市エンドライン社長山本啓一ブログ

7happiness

事業valiues(明確な価値観)は3つ定義しています。

エンドラインは「7happiness 」を貫き、100年永続企業となります。
エンドラインは、全員が理念・ビジョンを共有して「変化」「挑戦」「成長」します。
エンドラインは、新しいサービスを開発してお客様の「ウォンツ」を満たします。

今日はその一つ
エンドラインは「7happiness 」を貫き、100年永続企業となります。について。

7happinessとは何か?

それは7つのステークスホルダーのことです。
「自分」「家族」「顧客」「顧客の顧客」「取引先」「地域社会」「属している会社」の7つ。

この7つに貢献していこうというのが「7happiness」です。

詳しく説明すると長いので手短に。

生まれたからには自分自身に貢献、自分を産んでくれた親や支えてくれる家族に貢献、顧客にお役立ちすることが事業を伸ばす、また顧客だけ見ると「自社と顧客」がWin-Winになりにくいので「顧客の顧客」まで見ること。「取引先」は私たちが事業を継続・発展させ一緒に伸びること。「地域社会」には雇用・納税をもたらす事。そして、当たり前だけど「会社の利益に貢献すること」

この7つの幸せが回り始めると、必然的に事業は伸びます。

もちろん、現在はどれも幸せにできていないような気がします。

理念は追求するもの。

深めるもの。

自分たちの価値観を意識して、永続100年していこうと思います。

次回は『エンドラインは、全員が理念・ビジョンを共有して「変化」「挑戦」「成長」します。』について。



わが社の主力事業「のぼり・看板」はこちら



福岡の経営者・起業家のセミナーはこちら



福岡の経営者・起業家のDVD詳細はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 7happiness
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト