【のぼり旗に命をかける】福岡市エンドライン社長山本啓一ブログ

ウォンツの提供

ここ数回「理念」について、いろいろ書いてます。

深い意図があって書いてます。

一つは「自分自身のアウトプット」の為です。書けば頭が整理されます。ですので、誰が見ようと関係なく書いてます(笑)
うちに興味ない人は「超つまらない」かもしれませんが…

私的には「エンドラインはこういう会社です!現在こういう場所にいてまたはこういう場所目指してます!その為にこのような手法で実現します!」というのは広く社会にアピールすべきだと思ってます。

公共性の無い企業は長く持たないと思いますので。。。。(^O^)/

さて、事業valiues(明確な価値観)は3つ定義しています。

エンドラインは「7happiness 」を貫き、100年永続企業となります。
エンドラインは、全員が理念・ビジョンを共有して「変化」「挑戦」「成長」します。
エンドラインは、新しいサービスを開発してお客様の「ウォンツ」を満たします。

今日は最後の一つ。
エンドラインは、新しいサービスを開発してお客様の「ウォンツ」を満たします。

私は「新しい」という言葉が好きなんだなあ。という事に気づきました。

やはり「生まれたからには何か残したい!だからまだ創出されていない新しいビジネスをやりたい!」と思っています。

既存の商品を既存の手法で売って何が楽しいのでしょうか?と思います。

リクルートと言う企業はやはり凄いな!とも思いますし。

因みに「新しいサービス」とは、世の中に全くないサービスではなく、既存のサービスを少し変える!という意味合いです。

ですので、新しいサービスを開発して、お客様の「ウォンツ=それ欲しかったんだ!」を満たしたいと思います!

まだ、全然出来ていないけど。。頑張ります!



わが社の主力事業「のぼり・看板」はこちら



福岡の経営者・起業家のセミナーはこちら



福岡の経営者・起業家のDVD詳細はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ウォンツの提供
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト