【のぼり旗に命をかける】福岡市エンドライン社長山本啓一ブログ

やらない後悔

わが社の事業計画書にも書いてありますが、自分が大切にしている言葉が3つあります。

1、自分がして欲しいことはまず人にそれを行え!

2、今から20年後、あなたはやったことよりもやらなかったことに失望する。ゆえに、もやい綱を解き放ち、安全な港から船を出し、貿易風に帆をとらえよ。探検し、夢を見、発見せよ。

3、人生は、『考えること』と『行動すること』の二つで出来ている。君の考えが人生で現実のものとなる。

の3つです。

全て好きな言葉ですが、どれかと言えば2が一番大好きです。

自分が今までいろいろな事にチャレンジできたのは、「今から20年後、あなたはやったことよりもやらなかったことに失望する。」のがイヤだからです!

今もそれは変わっていません!

むしろ毎日この言葉に支えられています。

実はこんな心理調査があります。

ボストン大学の心理学者であるアベンドロスらは、「旅行先で、あるお土産を買うかどうかで迷ったことのある人」にたいして調査をしました。

こういう経験、ありませんか?

旅行先で見つけた、面白いお土産。

ちょっと値段が高い。
さらに重そうだし、持って帰るのも大変…。

でもでも、ここで買わないと、もう手に入らないかも…。
あ、でも家の近くで似たモノが売ってたら最悪だし…。

そんな風に迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

そして、ここでアベンドロスらは、

A「結局、お土産を買わなかった人」
B「結局、お土産を買った人」

に分けて、旅行から帰ったあとに、どれくらい後悔が強いかを調べたのです。

その結果。

A「結局、お土産を買わなかった人」は、

B「結局、お土産を買った人」より、ずっと高い後悔をしていたことが分かったのです。

「持って帰るのが大変だった」
「高くついた」
「帰ったら似たモノがあった」

などの可能性も含めた後悔より、

「買わなかった…」

という後悔の方が、ずっとずっと強かったのです。

これ、すべてのことについて、同じことが言えるのではないでしょうか。

「やる」か「やらない」かで迷ったとき。

その時は、是非やってほしいです!

なぜなら。。。。

今から20年後、あなたはやったことよりもやらなかったことに失望する。ゆえに、もやい綱を解き放ち、安全な港から船を出し、貿易風に帆をとらえよ。探検し、夢を見、発見せよ。

だからです。

 

人生一度っきり!



わが社の主力事業「のぼり・看板」はこちら



福岡の経営者・起業家のセミナーはこちら



福岡の経営者・起業家のDVD詳細はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - やらない後悔
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト