【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

企業規模の大事さ

最近深く気づいた事。

それは、企業規模はとても大事だという事。

前から思ってはいましたが、最近は強く思います。

「企業規模」が小さいと社会に対して説得力がありません。

だから最低限の企業規模まで最短で持っていかなければいけません。

私の定義する「最低限の企業規模」は、10億。100歩譲って5億。200歩譲って3億。それ以下は企業ではないと思ってます。
※もちろん私も3億以下。

企業規模が小さくて本当に幸せかどうか?

規模が小さい会社と大きい会社では「社会への影響力」「納税」「雇用」「社員さんへの還元」「取引先への支払額」「顧客への商品開発」が違ってきます。
※私の言う大きいは数千億ではなく年商50~100億辺り。小さいは数千万から3億以下。

また、小さい会社で家族的にやる事も楽しいですが、自分たちの理念を社会に問う際、規模は重要です。

この手の話は各々の価値観に寄る所ですが、弊社の理念「7happiness」に照らし合わせても成長させた方がいいとジャッジしました。

しかも、最短で。(たかだか10億以下は急成長とは言わないでしょう)

大きくすると言う事は悩みも尽きないでしょうが、その分成長出来ると言う事。

また今の小さなままの会社では刺激が足りない事。

今年まで、財務等の事情もあり「超我慢」してきました。

来年中盤までは少し我慢しますが、その後はやっちゃいます!

本気です!

時代はリスクを取る者の味方をする!と思っています。

拡大ではなく成長。

リスクを取っても一緒に成長する人を集めなきゃ!



わが社の主力事業「のぼり・看板」はこちら



福岡の経営者・起業家のセミナーはこちら



福岡の経営者・起業家のDVD詳細はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 企業規模の大事さ
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト