【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

よりよい決断ができるようになりたいのなら決断する経験を重ねることだ!

表題の言葉はあのアンソニー・ロビンスの言葉です。

今までの私は、「経営者とはかくあるべき」と思い何でも自分でやって来たような気がします。

最近になり、社員さんに仕事をいろいろお願しています。

苦手な部分は出来るだけやらないようにしています。

私は一人で仕事をする事に意味を感じません。

何の為に会社でやっているのか?というと
「経営の目的を共有して、VISIONを叶えるため」ですのでお互い得意分野を活かし協力し合う事がBESTだと思います。

ですので、ワンマンでやっている社長はバカです。
※能力があればいいですがね。

もちろん、会社の方針を決める決断は全部します。

が、日々の小さな決断は少しづつ任せます。

多少のミスや問題は目をつぶり、少しづつ権限移譲して、私の「経営者」としての「時間」を
作りだし、未来も作りだします。

どこかで聞いたので私もそのまま使っていますが、経営者の仕事は「理念・VISION」「採用」「ビジネスモデル作成」のみらしいです。

私は日々に追われ、どれも中途半端です。

来年から本格的に「経営者デビュー」をします!



わが社の主力事業「のぼり・看板」はこちら



福岡の経営者・起業家のDVD詳細はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - よりよい決断ができるようになりたいのなら決断する経験を重ねることだ!
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト