【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

失敗の分析7 一発逆転感

さて、いよいよ7回目になりました!(^^)!
失敗シリーズ!(^^)!

成功したことはないけど、失敗の数なら負けません(^_^;)

という事で偉そうに書きますがご容赦を!

今日のお題は「一発逆転感」です。

はじめに言っておきます。

成功者が講演でいう「追いつめられての一発逆転劇」など早々起こるものではありません。

それを信じて一発逆転でビジネスを行うのはアホです。

では、本題。。。

会社が傾くときは大体こういう感じじゃないでしょうか。

「自社に理念がないので、本業をやっている「目的」が見つからず
会社の売り上げが下がります。
資金的に追い込まれてくると、普通では行わないビジネスに手を広げていきます。」

借金で首が回らない人が、知人を騙すような感覚ですね(笑)

収益の早期化起伏を試みて、本業以外でいろいろビジネスを立ち上げますが、頭の中での収益計算は非常に甘いものになりますね。

「ここでこれだけ売れたら一気に盛り返せる!」
「このビジネスが当たれば効率よく儲けれる!」

こういう思考が頭を過りはじめたらOUTです。

なぜOUTなのか?

それはこの思考に「顧客への貢献」が全くないからです。

もっと言うと「顧客の悩み解決=顧客への貢献=収益」という図式の中で考えてないという事です。

このようなビジネスモデルになると、もう先がありません。

後はご臨終・・・

では、どうすればいいのか?

私の体験で言えば、、、、

「すべて捨てて本業を絞ってコツコツとやる」

以外ないでしょう。

そう「すべてを捨てるのです」

事業や余計な会合・人脈などすべて。

私は事業を「不動産会社向けのサイン集客の専門家」と再構築しました。

全て捨てて、事業を絞ると売り上げは少しづつ上がり始めます。

やはり経営者というのは「最後の覚悟」が必要な仕事ですね~(^_^;)

教訓7
ビジネスに一発逆転はない。(それは一部の成功者の講演の話。しかも歪曲してる)
厳しくなったらすべて捨てて本業に立ち止まること。

わが社の主力事業「のぼり・看板」はこちら


不動産事例のぼり・幕・看板はこちら

不動産会社様向けメルマガはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 失敗の分析7 一発逆転感
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト