【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

運とバッターボックス

何事を成し遂げるにも「運」が必要だと思います。

「運」を強くするためにどうしたらいいのだろう?といろいろ考えましたが・・・

結論は・・・

「バッターボックスに立ち続ける」という事でした。

最初は空振りばかり。

空振りにもめげずにバッターボックスに立つ。

その内、ボールにかするようになりファウルチップになる。

更に、タイミングやポイントがあっていき、
痛烈なファウルが打てる。

ずっとずっと粘り強くやり抜いていく。

ビジネスは野球と違い、資金があれば何回もバッターボックスに立てる。

ビジネスはホームランは1回打てればいい。

小さな失敗を繰り返し、精度を上げていく。

今のエンドラインはようやくファウルチップになったばかり。

今はまだ「かする」程度ですが、来年はホームランを打つ!

わが社の主力事業「のぼり・看板」はこちら


不動産事例のぼり・幕・看板はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 運とバッターボックス
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト